山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
機械力学
野田 善之
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TME210 2 ME,D 2 前期 II
[概要]
本講義では、機械工学の基礎科目の一つである機械力学に関する講義を行う。特に、基本的な機械の運動と機械の変換・伝達する仕組み(機構学)や運動の状態を解析する機械運動学および機構の力学関係を表現する機構動力学の習得を目指す。
機械エンジニアとして、機械を構成する機構の運動状態や力学関係を解析し、設計に活かす動的設計を行うことは必須である。
[具体的な達成目標]
1.機構の運動特性の基礎的な解析法を修得する。
2.目的の運動や力を得るための機構要素の組み合わせを理解する。
3.運動している機構の力学関係を理解する。
[必要知識・準備]
本科目を履修する上で、以下の知識が必要となる。
1. 質点・剛体の力学(力とモーメントの釣り合い、運動の法則、拘束関係 etc)
2. 理工系の数学(ベクトル、複素数、微積分 etc)
☆カリキュラムの中の位置づけ
 ・機械工学科カリキュラムにおいて以下の科目を履修しておくこと。
   基礎物理学I・II、微分積分学I・II、線形代数学I・II
 ・後続科目: 振動工学
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 40  %基本的な事項の理解度と,その応用力を評価する。 
2試験:中間期 40  %基本的な事項の理解度と,その応用力を評価する。 
3小テスト/レポート 20  %講義における基本的な内容の理解度を評価する。 
[教科書]
  1. 藤田 勝久, 機械運動学 ―機械力学の基礎から機構動力学解析まで−, 森北出版, ISBN:9784627665210
[参考書]
  1. 安田 仁彦, 機構学, コロナ社, ISBN:9784339040692
  2. 小野 京右, メカトロニクス時代の機械力学, 培風館, ISBN:9784563035165
[講義項目]
 1回 機械の運動 (機械と機構、機械の構成、機械運動の分類)
 2回 運動の自由度
 3回 運動の瞬間中心
 4回 運動方程式(ニュートンの法則)
 5回 運動方程式(ダランベールの原理)
 6回 運動方程式(ラグランジュの方程式)
 7回 平面運動機構のベクトル解析 (ベクトル解析の基礎)
 8回 評価・総括(1回目)
 9回 平面運動機構のベクトル解析 (速度の解析)
10回 平面運動機構のベクトル解析 (加速度の解析)
11回 平面運動機構のベクトル解析 (座標変換)
12回 平面運動機構のベクトル解析 (座標変換を用いた速度と加速度の解析)
13回 平面運動機構の運動学的拘束(回り対偶による拘束)
14回 平面運動機構の運動学的拘束(すべり対偶による拘束)
15回 評価・総括(2回目)
なお,各回の授業内容は,進捗に応じて変更する場合がある。
[教育方法]
・一部の講義で反転授業を行う。
・通常授業では約60分を講義とし、残りを演習、レポート解説とする。
・講義で学んだ事項を,その直後にレポートもしくは演習する授業形式とする。
・講義では,ビデオ、アニメーションを可能な限り用いて、機械の運動と数式の対比をイメージできるように教育する。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
(未登録)
[その他]
・講義に関する連絡はYins-CNSを通じて行う。
・オフィスアワーは授業終了後