山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
微分方程式
水口 義久
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TME201 2 ME,D 2 前期 I
[概要]
微分方程式とは,工学的諸問題の基礎として,最も重要な科目の一つである.機械あるいは機構が設計者の考えているような動作を行うかどうかを検討するために,与えられた性質や条件に適合するような関数を求める種々の微分方程式の問題に対して,微分方程式の解法とその解の意味を説明する.
本講義では, 微分方程式とは,変数分離形,同次形,1階線形微分方程式,完全微分形,平面曲線への応用,その他の応用,定数係数をもつ同次形線形微分方程式,定数係数をもつ線形微分方程式,微分演算子,逆演算子,連立微分方程式などを説明する.
[具体的な達成目標]
本講義では,1階微分方程式と2階微分方程式について,その解法と解の意味をわかりやすく説明する.そして,材料力学,振動,自動制御,電気回路などで取り扱われる微分方程式などが解けるような基礎知識を修得することを目的とする.具体的には,1階線形微分方程式,定数係数を持つ線形微分方程式,微分演算子,連立微分方程式などの解法を理解する.
[必要知識・準備]
『基礎教育』部門に相当する科目の中で、特に「微分積分学」を修得しておくこと.
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 40  %基本的な事項の理解度をチェック 
2試験:中間期 40  %基本的な事項の理解度をチェック 
3小テスト/レポート 20  %各回の講義内容に関する理解度をチェック 
[教科書]
  1. 石原繁,浅野重初, 新課程微分方程式, 共立出版, ISBN:4320015177
[参考書]
  1. 渡辺昌昭, わかりやすい微分方程式, 共立出版, ISBN:4-320-01548-7
[講義項目]
1.講義の進め方の説明
  1階微分方程式(微分方程式)
2.1階微分方程式(変数分離形,同次系)
3.1階微分方程式(1階線形微分方程式)
4.1階微分方程式(完全微分系)
5.1階微分方程式(平面曲線への応用)
6.1階微分方程式(その他の応用)
7.定数係数をもつ線形微分方程式(定数係数をもつ同次形線形微分方程式)
8.中間総括評価・まとめ
9.定数係数をもつ線形微分方程式(定数係数をもつ線形線形微分方程式)
10.定数係数をもつ線形微分方程式(微分演算子)
11.定数係数をもつ線形微分方程式(微分演算子) 
12.定数係数をもつ線形微分方程式(逆演算子) 
13.定数係数をもつ線形微分方程式(逆演算子)
14.定数係数をもつ線形微分方程式(連立微分方程式)
15.期末総括評価・まとめ
なお,各回の授業内容は進捗に応じて変更する場合がある.
[教育方法]
1.テキストに沿って説明をする.特に例題を説明しながら学んだ公式の応用力を身に  つけられるようにする.
2.毎回の講義後にレポート課題をかし,それを採点し,成績評価にする.
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
(未登録)
[その他]
・講義に関する連絡はYins−CNSを通じて行う.
・オフィスアワーは講義終了後に行う.