山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
幸福・福祉概論
教育主任/他
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TME105 2 ME,D 1 前期 II
[概要]
 幸福・福祉・文化・多用な価値観などについて学び、これから「機械工学」を学んでいく意義の自覚を目指す。
 講義構成は、講義30分・講義に関する質疑応答5分・グループ討論20分・発表25分・討論に関する質疑応答など10分である。グループ討論でのグループ長と書記はその場で指名する。書記は討論内容をまとめて発表する。
 また、講義終了時に宿題を課し、次週に提出する。
[具体的な達成目標]
 本講義では『機械工学の意義』のひとつとして「幸福・福祉概論」を学ぶ。特に、これから「機械工学」を学んでいく意義の自覚を促すため、以下の3項目の習得を達成目標とする。
1)人類の幸福・福祉とは何かについて考える能力と素養の涵養を行う。
2)多用な価値観や多用な文化について考え、尊重する能力を涵養する。
3)発表能力の基礎を養う。
[必要知識・準備]
 予備知識は必要ない。ただし、講義内容に則したテキスト(1講義につき2ページ以内)の予習を義務付ける。なお、本講義科目は「技術者倫理」と関連しているため、この科目の受講を考慮して本科目を受講すること。
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 20  %授業理解力 
2小テスト/レポート 80  %各講義項目のレポート課題を評価 
[教科書]
(未登録)
[参考書]
(未登録)
[講義項目]
1.はじめに
2.福祉からのサナトロジー(死生学・死学)
3.タイトル「子どもの本のもつ力 1」
4. タイトル「子どもの本のもつ力 2」
5.環境と健康
6.社会的責任
7.未来の自分:目標の意味を考える
8. 予備日
9.社会福祉  現代社会福祉の課題
10.人間関係の基本
11.幸福な人生と職業について
12.社会福祉 質の高い福祉サービスを目指して
13.楽しく生きる
14.まとめ
15.予備日
(講師の都合により、順序が変わることもあります。)
[教育方法]
1. 出席表を兼ねた質問用紙を配布し、質問のし易さを心掛けている。
2. 少数グループによる討論やその討論結果を発表することで、コミュニケーション能力や発表能力の向上を目指している。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
(未登録)
[その他]
オフィスアワー: 講義終了後