山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
基礎物理学I
本田 建
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TME102 2 ME,D 1 前期 II
[概要]
基礎物理学Iでは,物理学の中でも電磁気学と共に基礎的な分野をなす力学の基礎を学ぶ.自然現象の中から法則を見出す物理学の中でも,力学は最初に成立した分野で,物理学の概念が最も分かり易い学問分野である.
本講義では,力学の中でも導入部分に相当する質点の力学に関する素養を養うことを目標に講義を進める.具体的には,大きさや形を無視して1点に質量を与えた仮想的な物体(質点)に力が作用した場合の運動(力学)を,簡単な数式を用いて取り扱う手法を習得する.
[具体的な達成目標]
基礎物理学Iでは以下の5つの項目を習得することを達成目標とする.
1)ベクトルの合成や分解ができること.
2)ベクトルの内積と仕事の関係が理解でき,基礎的な計算ができること.
3)ベクトルの微分・積分と加速度・速度・変位の対応関係が理解でき,基礎的な計算ができること.
4)質点の基本的な運動を数式を用いて取り扱えること.
5)仕事と運動エネルギーの関係が理解できること.
6)ポテンシャルエネルギーとエネルギー保存則を理解すること.
[必要知識・準備]
基礎物理学Iでは,質点の運動を数式で取り扱うことを基本としている.対象とする質点の基本的な運動は高等学校の物理(力と運動など)で学んだものが多いので,「物体に作用する力」,「速度・加速度と力」,「運動の法則」,「運動量の保存」および「力学的エネルギ」などを十分に復習しておくこと.また数式を用いて質点の運動を表現するので,高等学校の数学で学んだ「ベクトル」および「微分と積分」の基礎を復習しておくこと.

本科目は,「応用物理学I(基礎教育)」,「機械力学及び演習,振動工学,流体工学I,流体工学II及び演習(基礎工学)」などを履修する上で必要となる多くの基礎的内容を含んでいるので,十分に理解されることを期待する.
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 40  %総合的な理解度をチェック 
2試験:中間期 30  %中間点での理解度をチェック 
3小テスト/レポート 15  %各課題の理解度のチェック 
4受講態度 15  %真面目に講義を聞いているかのチェック 
[教科書]
  1. Raymond A. Serway著,松村博之訳, 科学者と技術者のための「物理学 1a 力学・振動, 学術図書出版, ISBN:4-87361-074-5
[参考書]
(未登録)
[講義項目]
1.ガイダンス(講義概要,講義の進め方,成績の評価法など),物理学と測定
2.ベクトル 
3.1次元の運動
4.2次元の運動  
5.第2回目から第4回目の講義内容に関する演習
6.運動の法則
7.運動の法則に関する演習
8.中間試験
9.円運動とニュートンの法則の他の適用例 
10.円運動とニュートンの法則に関する演習
11.仕事とエネルギー 
12.仕事とエネルギーに関する演習
13.ポテンシャルとエネルギー保存測 
14.ポテンシャルとエネルギー保存測に関する演習
15.定期試験および解説など
[教育方法]
講義の最後に小テストを行い,受講生の理解度を把握する.
講義の最初に,前回の小テストについて解説を行い,受講生の理解を助ける.
講義の途中で頻繁に演習を行い、授業で聞いたことを理解しているかの実践的学習を行う.
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
(未登録)
[その他]
(未登録)