山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
デジタル回路II
小谷 信司
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TJM312 2 (未登録) 3 後期 I
[概要]
電気系科目の基盤科目の1つにデジタル回路があります。この科目ではデジタル回路の実践を広く学びます。具体的には、素子の働き、論理回路、順序回路、A/D変換、D/A変換の基本的な性質とデジタル回路を解析・設計するための方法を演習を交えながら学びます。
[具体的な達成目標]
1.デジタル回路に関する実践的な知識を習得する。
2.素子の働き、論理回路、順序回路、A/D変換、D/A変換について回路の解析、設計の実践を理解する。
[必要知識・準備]
デジタル回路Iの内容と、簡単な数学を復習しておくと授業の理解に役立つでしょう。
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 40  %後半の授業の理解度 
2試験:中間期 40  %前半の授業の理解度 
3小テスト/レポート 20  %授業中の課題理解度 
[教科書]
  1. 田所 嘉昭, 新インターユニバーシティ:ディジタル回路, オーム社, ISBN:978-4-274-20609-2
[参考書]
(未登録)
[講義項目]
1.デジタル回路の学び方等
2.素子の働き
3.スイッチングする回路
4.基本論理ゲート回路
5.組合わせ論理回路の基礎
6.組合わせ論理回路の設計
7.順序論理回路(1)
8.順序論理回路(2)
9.総括評価・まとめ(前半)
10.演算回路
11. メモリとプログラマブルデバイス
12. A/D変換
13. D/A変換
14. 回路設計とシミュレーション
15. 総括評価・まとめ(後半)
[教育方法]
小さな単元で、「理論の学習・演習・発展項目」を繰り返し、デジタル回路I履修者が、デジタル回路に関する実践知識を身につけられるようにする。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
(未登録)
[その他]
この科目は、電気系科目の核となる科目です。しっかり勉強してください。演習を多くしてゆっくり授業を進めますので、余力のある人は、演習問題を自分で勉強してほしい。後続科目の学習に必ず役立ちます。