山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
組込みプログラミングII
西崎 博光
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TJM219 2 (未登録) 2 前期 IV
[概要]
「組込みプログラミングI」,「組込みプログラミングI演習」に引き続き,情報処理の幅広い場面で必要となる基本的なデータ構造である木とグラフに関するデータ構造とアルゴリズムを学ぶ。そしてC言語でアルゴリズムの実装を行い,データ構造の利用法,アルゴリズムの理解,高度なプログラミング能力を習得する。
[具体的な達成目標]
本科目を修了した学生は以下の項目を理解し,プログラミングに活用できる。
1)木構造(木のなぞり,ヒープソート,2分探索木)
2)深さ優先探索,幅優先探索
3)グラフ
4)最小全域木問題,最短経路問題
5)最短経路問題
6)計算量
[必要知識・準備]
組込みプログラミングI(演習)で学習した内容を利用するため,単位を取得していることが望ましい。
履修者はC言語の復習をしておくこと。
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 40  %木構造のデータ構造とアルゴリズムを理解しているか。C言語でプログラミングができるか。 
2試験:中間期 40  %グラフ構造のデータ構造とアルゴリズムを理解しているか。C言語でプログラミングができるか。 
3小テスト/レポート 20  %演習パートではプログラミングの課題を課し,提出物を評価する。 
[教科書]
  1. 柴田 望洋, 辻 亮介, C言語によるアルゴリズムとデータ構造, ソフトバンククリエイティブ, ISBN:4797331631
[参考書]
  1. T. コルメン 他, アルゴリズムイントロダクション 第3版 第2巻, 近代科学社, ISBN:4764904071,
    (グラフ関係のアルゴリズムの解説書です。)

  2. 柴田望洋, 新・明解 C言語で学ぶアルゴリズムとデータ構造, SBクリエイティブ, ISBN:4797390522,
    (C言語によるアルゴリズムとデータ構造を学ぶ上では良書だと思います。授業では資料を用意するため必携ではありませんが,自習学習などで役立つと思います。)
[講義項目]
1.木構造のデータ構造
2.木構造を実現するプログラミング
3.逆ポーランド記法とスタック
4.木構造を用いた逆ポーランド記法とスタックを使った演算プログラミング
5.2分探索木
6.2分探索木構築・探索プログラミング
7.ヒープソート
8.ヒープソートプログラミング
9.中間実技試験
10.グラフ表現のためのデータ構造
11.グラフ表現のためのプログラミング
12.最小全域木
13.最小全域木抽出プログラミング
14.最短経路問題とプログラミング
15.まとめと期末試験

※進捗具合等によってテーマが順序が前後することがあります.
[教育方法]
・演習時は課題を課し,時間内に終わらなければ宿題とする。
・「組込みプログラミングI演習」と同様にプログラミングの実技試験を行う(2回の予定)。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
(未登録)
[その他]
(未登録)