山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
アナログ回路II
森澤 正之
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TJM215 2 (未登録) 2 後期 IV
[概要]
本科目では、ダイオードやトランジスタ等の半導体素子の基本動作とアナログ回路への応用を学ぶ。具体的には、増幅回路などの基本的な電子回路の設計技術の習得を目指す。さらに等価回路の考え方を理解し、トランジスタの回路を学び、複数のトランジスタを利用した様々な回路の考え方を学ぶ。信号の増幅に関しては、トランジスタ、オペアンプの回路と動作を理解する。最後に集積回路で広く利用されているMOS FETの特性の理解、実際の回路への適用を学ぶ。
[具体的な達成目標]
1. ダイオードやトランジスタ等の半導体素子の特性と基本動作を理解する。
2. 信号の増幅に関する考え方を理解する。
3. 種々の増幅回路の基本的な電子回路の設計技術の習得を目指す。
4. MOSトランジスタの特性の理解、実際の回路への適用を理解する
[必要知識・準備]
本講義は「アナログ回路I」(2年次前期)の知識を必要とする。
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 40  %講義の後半の項目に関して評価する 
2試験:中間期 40  %講義の前半の項目に関して評価する 
3小テスト/レポート 20  %毎回の理解度を評価する 
[教科書]
  1. 藤井信生, アナログ電子回路  −集積回路化時代の−, オーム社, ISBN:978-4-274-21612-1
[参考書]
(未登録)
[講義項目]
1. 半導体の基礎・PN接合・ダイオード
2. トランジスタの動作原理
3. トランジスタ増幅回路の基本
4. 等価回路の考え方:直流等価回路、小信号等価回路
5. 固定バイアス回路
6. 電流帰還バイアス回路,ナレータ・ノレータモデル
7. 中間評価(総括とまとめ)
8. 小信号の増幅:等価回路による解析
9. トランジスタ回路の諸特性 
10.FET、MOS FETの特性と回路
11.トランジスタ回路の周波数特性
12.差動増幅器、定電流回路、ダーリントン回路、
13.負帰還増幅回路・オペアンプ
14.電力増幅回路:大振幅回路、A級電力増幅回路、B級プッシュプル電力増幅回路
15.評価(総括とまとめ)
[教育方法]
1.本科目は反転授業とアクティブラーニングを導入する。受講者は事前に準備された動画資料を視聴してから授業に参加してもらう。また、授業のほとんどの時間は、討論やグループワークで行われる。
2.授業で用いる資料は、配布するかE-ラーニング上で公開して、学習に活用できるようにする。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
(未登録)
[その他]
(未登録)