山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
コミュニケーション
窪田 キャロリン/[石井] 孝明
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TJM205 2 (未登録) 2 後期 II
[概要]
 これからの情報化社会において、技術者として活躍するためには、コミュニケーション能力を涵養することは必用不可欠である。とくに、国際的にコミュニケーションを行う際には、英語による会話能力を高める必要がある。本演習では、英語によるコミュニケーションを円滑に行うために、簡単な日常会話を中心とした演習を行う。それによって、英語による表現を習得するとともに、あらゆる情報伝達手段を駆使したコミュニケーション能力を総合的に高めることを目標とする。
 授業では、出来る限り英語を母国語とするネイティブスピーカーのTAに参加してもらう。
[具体的な達成目標]
 英語による簡単な会話が出来、やや高度なスピーチが聞き取れる程度の英会話能力の習得を目指す。
[必要知識・準備]
 はじめはとまどうかもしれないが、授業が進むにつれて慣れるので心配はない。とくに事前の準備は必要ない。
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 20  %授業理解力、情報収集、整理力  
2試験:中間期 20  %授業理解力、情報収集、整理力  
3小テスト/レポート 10  %授業理解力、情報収集、整理力   
4受講態度 10  %自発的勉学努力、日常的勉学  
5発表/表現等 40  %表現力、授業理解力  
[教科書]
(未登録)
[参考書]
(未登録)
[講義項目]
 1.簡単な英会話(1) 国内編
 2.簡単な英会話(2) 国内編
 3.簡単な英会話(3) 国内編
 4.簡単な英会話(4) 国内編
 5.簡単な英会話(5) 国内編
 6.簡単な英会話(6) 国外編
 7.簡単な英会話(7) 国外編
 8.中間評価(まとめと評価)
 9.簡単な英会話(8) 国外編
10.簡単な英会話(9) 国外編
11.簡単な英会話(10) 国外編
12.簡単な英会話(11) ビジネス編
13.簡単な英会話(12) ビジネス編
14.簡単な英会話(13) ビジネス編
15.最終評価(まとめと評価)
[教育方法]
 ビデオで英会話を見たり、プリントを利用して、必要な会話力を身につける。その後、ティーチングアシスタントとの実際の会話を通じてコミュニケーション能力の向上を図る。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
《機械システム工学科機械情報コース》
(B)工学のための基礎知識
機械工学を学ぶ上で基盤となる数学、物理や化学などの自然科学と情報技術の基礎知識を習得し、これらを機械工学へ活用できる能力を身につける。
(F)表現力と国際性
自立的に学習、研究して理解したことを具体的かつ論理的に表現し伝達できる能力を養い、共通の課題について他の人とのコミュニケーションをとおして合理的な結論を導き出すことのできる能力を身につける。さらに人々と協働で事業を進めるチームワーク力を身につける。
[その他]
(未登録)