山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
計測とセンサ
金 蓮花/丹沢 勉
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TJM113 2 (未登録) 1 後期 I
[概要]
物理量を正確に測定・計測するためには計測器の開発、物理量を信号に変換するセンサの開発、測定誤差の検証・補償などを行う必要がある。これらには機械工学や数学、応用物理学、電気・電子工学などの様々な分野の技術・知識が集積されている。本講義では、計測・センサ工学の基礎から、測定原理、センサ関連技術までについて、諸分野との関わりとともに述べる。
[具体的な達成目標]
(1)計測された値についての単位を説明できる
(2)計測したデータの誤差の評価や有効数字の設定ができる
(3)計測したデータの基本的な処理ができる
(4)電気系や機械系の計測を行う計器の種類と原理を説明でき,使用することができる
(5)電気の諸量について理解している
(6)目的に応じたセンサの選択ができるとともに,そのセンサの原理を資料を見て理解できる
[必要知識・準備]
応用物理学、微分積分学
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 40  %講義内容について60%以上理解し、説明できること 
2試験:中間期 40  %期末試験と合計し、総合的に評価する 
3小テスト/レポート 20  %期末試験と中間試験を合計し、総合的に評価する 
[教科書]
  1. 増田良介, はじめてのセンサ技術, 工業調査会, ISBN:4-7693-1168-0
[参考書]
(未登録)
[講義項目]
授業計画
第1回 計測・センサ工学の概要 (科学技術と測定)
第2回 計測の基礎 (量、単位、標準、次元)
第3回 計測データ解析 
第4回 有効数字 
第5回 誤差の伝播
第6回 最小二乗法
第7回 中間評価
第8回. 計測値の変換:アナログ、デジタル、A/D変換、D/A変換
第9回. 電気計測(1)直流:偏位法と零位法、分流器、直流電流計、電圧降下法、テスタ
第10回.電気計測(2)交流:交流波形と電流計、実効値、交流電力、三相交流、交流ブリッジ
第11回.電子計測器:指示計器、オシロスコープ、波形分析装置
第12回.センサの基礎:センサ、役割、種類と原理、センサ用電子回路
第13回.センサによる物理量の計測(1):電界、磁界、光、温度
第14回.センサによる物理量の計測(2):圧力、位置、加速度、速度
第15回.期末評価(総括とまとめ)
[教育方法]
講義が主体となるが,適宜,演習を行う。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
(未登録)
[その他]
(未登録)