山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
物理学実験
石井 孝明/古屋 信幸/石田 和義/堀井 宏祐/牧野 浩二
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TJM107 2 (未登録) 1 前期 III-IV
[概要]
 力学、電磁気学、光学、熱学、原子物理学等に関する基本的な実験により、物理現象の観察や物理量の測定を行う。実験事実と対比することによって物理法則の理解を深める。また、各種測定機器の使用法、有効数字や誤差の取り扱い、グラフの書き方、報告書の作成に習熟することも極めて重要である。時間通り終わらせる為の時間管理能力も養う。
[具体的な達成目標]
(1) 物理学の諸法則の理解
(2) 実験技術の習得
(3) データ処理の理解と習得
(4) レポート作成技術の習得
(5) 16:20迄に終わらせる
[必要知識・準備]
 高校の物理学、数学を理解していることが必要である。各自が行う予定の実験を教科書で予習しておくこと(時間通り終わらせる為の予習は重要である)。実験には、テキスト、理科年表、実験ノート、グラフ用紙、関数電卓(二変数統計計算ができるもの)等、必要な物を持ってくること。
 装置を壊すと他学科に迷惑がかかるだけでなく、自分にも危害が及ぶ可能性があります。説明書も読まずテキトーに操作することのないように。わからなければわかる人に聞くこと。自己流禁止です。
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 60  %達成目標に関して、総合的に評価する 
2受講態度 40  %学習態度等 
[教科書]
  1. 基礎物理学実験, 三共出版, ISBN:978-4782706695
  2. 国立天文台編, 理科年表(平成29年), 丸善出版, ISBN:978-4621300954
[参考書]
(未登録)
[講義項目]
 1 ガイダンス、単位、有効数字、レポートの書き方等
 2 ノギス、マイクロメータの使い方等
 3 重力加速度の測定、ずれ弾性率(剛性率)の測定
 4 ヤング率の測定、スプリングバランス
 5 メルデの実験、クントの実験
 6 気圧計、液体の粘性
 7 固体の比熱、液体の比熱
 8 線膨張率の測定、熱の仕事当量
 9 レンズの焦点距離の測定、ニュートン環
10 屈折率の測定、回折格子
11 強磁性体の磁化特性
12 電気抵抗の温度係数、熱起電カの測定
13 オシロスコープの使用法とその応用、トランジスターの特性
14 プランク定数の測定、ガイガー計測管による放射線の測定
15 比重の測定、地磁気の測定、偏光計
※実施するテーマについては、実験予定表を配布します
[教育方法]
・安全に実験を行うことが第一です。
・1620迄に終わらせる為に必ず予習をして下さい。
・問いを解いておくと、より理解が深まります。
・実験中はいつでも質問を受け付けます。
・学生同士で助け合うことも大切です。教えることでより深く理解することができます。但し、いい加減なことを伝えたり、何かを丸写しさせたり等、悪いことはしないように。
・レポート再提出前には適宜面接を行い、良かった点悪かった点を含めてアドバイスを行います。
・レポート執筆のことも考えて、わからない点がないようにしてから実験を終了して下さい。深い理解と考察を期待し、評価します。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
《機械システム工学科機械情報コース》
(B)工学のための基礎知識
機械工学を学ぶ上で基盤となる数学、物理や化学などの自然科学と情報技術の基礎知識を習得し、これらを機械工学へ活用できる能力を身につける。
(C)機械工学の専門基礎知識
機械工学についての基礎知識を修得し、これらの知識を活用することにより機械工学に関連する諸課題を創造的に展開する能力を身につける。
(E)分析能力と問題解決能力
機械工学に関連する課題に対して、機能上の要求を踏まえた上で現状の問題点を認識できる能力を身につけ、これらの問題点を分析し、問題の解決方法を立案・実行する能力を身につける。
[その他]
オフィスアワー:
古屋 
石井 火曜5限
石田 
堀井 
牧野