山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
技術者倫理
豊木 博泰/本田 勉
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TEE307 2 EE,ES 3 後期 IV
[概要]
科学技術の進歩を人間社会の適正な発展に結びつける役割を担う技術者には高い倫理性が求められるが、これまでの歴史上、倫理性の欠如で各種の問題が発生し、今後もその恐れがある。また、発展する高度な科学技術が社会・自然に及ぼす影響はきわめて大きくなっており、これからの技術者はこれらの影響を十分理解した上で、一層充実した倫理的自律性が求められる。
 これまでに発生した事例における技術者の対応などを教訓として技術者倫理の必要性及びあり方を理解し、倫理的な事態に遭遇したときの問題を解決する方法を学習し対応能力を養成する
[具体的な達成目標]
技術者としての自己の社会的責任を認識し、それに基づき実際にどう行動すべきかを自ら考えその考え方を他者に対して明確に表明できる。常に惹起しうる技術者倫理を問われる事態に対して人間として、技術者としてどう対処すれば良いのかを適切に判断して行動できる。自然や社会に現実に起きている技術に関連した事象に素直に目を向け、そこに潜む問題点を技術者の倫理に照らして読み取り、適切に対処できる。社会との交流によって、社会からの要請を汲み取り、それが技術的に対応できるものかどうかを判断でき、解決に向かって行動できる。また、技術に直接関わらない一般の人と交流し情報の交換を通じて技術に直接関与しない人に対して問題点を明確に説明でき、社会全体の技術的な側面と経済的な側面の調和を図るように活動できる。
[必要知識・準備]
技術者の不手際や技術の悪用などで発生した社会現象に関心を持ち、自分なりの意見や見方を持つこと。日々報道されている技術に関連した大きな事故の原因、経過等に注意して技術者としてどのように対応すべきなのを日常的に考えて、自分なりの考え方を整理し、求められれば説明できるようにしておく。友人とそれらの問題について意見をかわし視野を広げる。
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 60  %与えられた課題について真摯に調査・考察して丁寧なレポートを提出できたか 
2受講態度 10  %講義に出席して各回の講義内容を聴講して理解しようとしているかどうか 
3発表/表現等 30  %自主的に選択した事例を詳しく調査検討して、分かりやすく発表できるか 
[教科書]
(未登録)
[参考書]
  1. 小出泰士, JABEE対応 技術者倫理, 丸善, ISBN:978-4-621-08252-2
[講義項目]
前半(1〜7回) :ガイダンス、技術者倫理の概要説明。過去に生じた事故事例や社会的課題を題材として、グループ討議、調査学習、発表と討論を通じて、技術者倫理とは何かを学ぶ
 後半(8〜15回) :技術者倫理に関連する基礎知識・実践的能力の養成・総括評価

各回の講義項目

 1.ガイダンス、技術者倫理を学ぶ目的についていくつかの事例をもとに考える。
   班分けとテーマ設定
   事例研究1: 技術者倫理に係る時事問題を例に
 2.事例研究2: 「公衆に対する責任」を自覚した技術者・企業の行動例
 3.事例研究3: 組織と個人、システムのあり方
 4.事例研究4: 企業活動と公衆の福利 CSRの事例
 5.事例研究5: 研究倫理に関する最近の事例
 6.研究倫理に関するオンライン教材による学習
 7.事例研究6: 未来世代への責任 -環境倫理、世代間倫理-

 8:技術者倫理とは
 9:法の限界
10:技術の限界
11:工業技術とは
12:役割と義務
13:専門職
14:科学研究倫理
15:事例鑑賞と課題設定
[教育方法]
・視聴覚教材を使い技術者倫理の内容の理解を深められるようにする。
・事例研究した結果を、多くの人に分かりやすく説明できるようにプレゼンテーション技術の向上も目指し発表する。
・講義の中で簡単な演習問題を解かせて問題解決の体験と、能力の習得を図る
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
(未登録)
[その他]
(未登録)