山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
コミュニケーションI
白木 一郎
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TEE301 2 EE 3 前期 IV
[概要]
理工系学生に必要な,事実・状況・意見の伝達と交換を目的とした,文章及び口頭表現の基礎を学ぶ.科学研究や技術開発においては,企画立案から世界の研究者との情報交換までのあらゆる段階で,文章及び口頭表現によるコミュニケーションが不可欠である.2年次までの実験レポート作成で培った日本語の表現力を,卒業論文作成に必要なレベルまで引き上げることを目標とする.
[具体的な達成目標]
・事実と意見を区別することができる.
・事実と意見を書き分けることができる.
・主語と述語が一貫した文章を書くことができる.
・簡潔で明快な文章とは何かを説明することができる.
・悪文を簡潔で明快な文章に直すことができる.
[必要知識・準備]
・2年次までの実験系科目を一通り履修し,レポート作成に習熟していること.
・「科学の作法」を履修していることが望ましい.
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 80  %理解度確認試験において60%以上 
2小テスト/レポート 20  %毎回のレポート課題を90%以上提出し所定のレベルを達成すること. 
[教科書]
  1. 木下是雄, 理科系の作文技術, 中央公論新社, ISBN:4-12-100624-0,
    (毎回の講義に必携のこと)

  2. 若林敦, 日本語作文トレーニング, 朝倉書店, ISBN:4-254-10168-6,
    (毎回の講義に必携のこと.)
[参考書]
(未登録)
[講義項目]
  講義・グループワーク/演習(課題)
1.オリエンテーション・授業内容紹介/コミュニケーションゲーム
2.文章の組立て/知的な図:作図ルール
3.パラグラフと段落/知的な図:作図力学
4.事実と意見を見分ける/知的な図:作図テクニック
5.事実の記述・意見の記述/知的な表:作表ルール
6.事実と意見の書き分け/知的な表:作表テクニック
7.長い文と短い文/長文と短文
8.格の正しい文/悪文1
9.明快な文/悪文2
10.簡潔な文・読みやすい文/接続詞・文末表現
11.論文作成の要点/基本ルール
12.プレゼンテーション1/プレゼンテーション用資料作成
13.プレゼンテーション2/プレゼンテーション練習
14.科学コミュニケーション/例題研究
15.理解度テストと解説
[教育方法]
・毎回,講義・グループワーク・演習を組み合わせて進行する.
・その回の学習内容について,教科書の範囲を指定して予習を求める.
・その回の学習内容を振り返って,演習書の指定範囲について毎回課題を課す.
・グループワークの進行役を交代で務めることを必須とする.
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
《電気電子システム工学科》
D-1:論理的・科学的に思考・表現する能力を養う
科学の作法,電気電子システム工学研修,卒業研究を通じて,本分野に関連する技術的内容を読解し,論理的・科学的に思考・表現する能力を養う
D-2:他者と建設的にコミュニケーションする能力を養う
入門ゼミ,電気電子システム工学研修を通じて,自身の学習・研究の成果を聴衆の前で明確に発表する能力,および他者の意見を的確に理解し建設的にコミュニケーションする能力を養う
E-2:与えられた環境下で課題・目的を達成するための活動を自己管理する能力を養う
実験科目および卒業研究を通じて,課題・目的を達成するための活動を自己管理する能力を養う
[その他]
(未登録)