山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
物理学実験
白木 一郎/チェン リー チュイ/山口 正仁/橋本 達矢
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TEE203 A 2 EE,ES 2 前期 III-IV
[概要]
力学、電磁気学、光学、熱学、原子物理学に関する基本的な実験により、物理現象の観察や物理量の測定を行う。実験事実と対比することによって物理法則の理解を深める。また、各種測定機器の使用法、有効数字や誤差の取り扱い、グラフの書き方、報告書の作成に習熟する。
[具体的な達成目標]
(ア)課された題目の実験を遂行することができる。
(イ)実験の目的や方法を把握することができる。
(ウ)実験データを適切に記録することができる。
(エ)必要に応じてグラフや表を作成することができる。
(オ)実験データを正しく処理(計算など)を行い、結果を導出することができる。
(カ)求めた結果の妥当性を評価(例えば、理科年表の値との比較)できる。
(キ)有効数字、誤差、単位を正確に扱うことができる。
(ク)目的に対応した考察を書くことができる。
[必要知識・準備]
基礎物理学I、基礎物理学IIを履修終了または履修中程度の予備知識が必要である。各自が行う予定の実験を教科書で予習しておくこと。グラフ用紙、関数電卓(統計計算,回帰計算の機能をもったもの)を用意すること。実験ノートについては初回に指示する。
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 70  %目的,方法,結果,考察を客観的に記述できる. 
2受講態度 25  %測定値と知りたい量の関係を把握のうえ計画をたて実験を行うことができる. 
3発表/表現等 5  %発表に適したスライドを作成し,適切な言葉で発表できる. 
[教科書]
  1. 高橋重雄 編 ISBN:978-4-7827-0310-6, 基礎物理学実験, 三共出版, ISBN:978-4-7827-0310-6
[参考書]
  1. 国立天文台 編, 理科年表, 丸善出版, ISBN:978-4621086063
[講義項目]
第1回目 ガイダンス・共通項目「実験精度と誤差」(講義)
第2回目 共通項目「実験精度と誤差」(実習)
第3−14回目 以下の25項目のうち、各週1項目で11項目程度を行う。
      ただし、最初の実験は第3回目・第4回目の2週にわたって実施し、
      実験の進め方・レポートの書き方などを併せて指導する。
第15回目 発表会 数名程度ずつに班分けをし,各班ごとに,与えられたテーマに
      ついて口頭発表を行う(この際,必ず全員が何らかの発表を行う).
      各人が実際に実施した実験項目に関連のあるテーマを与える.

01.重力加速度の測定         
02.ずれ弾性率(剛性率)の測定     
03.ヤング率の測定           
04.スプリングバランス
05.弦定在波の実験
06.クントの実験          
07.気圧計
08.液体の粘性
09.固体の比熱
10.液体の比熱
11.線膨張率の測定
12.熱の仕事当量
13.レンズの焦点距離の測定
14.屈折率の測定
15.回折格子
16.ニュートン環
17.空気中および水中における光速度の測定
18.強磁性体の磁化特性
19.電気抵抗の温度係数
20.熱起電カの測定
21.オシロスコープの使用法とその応
22.トランジスターの特性
23.プランク定数の測定
24.ガイガー計数管による放射線の測定
25.ホール測定
[教育方法]
はじめの2週で項目「実験精度と誤差」を行う。全員で演習を行い、誤差の概念を体験的に理解する.関数電卓の統計計算機能と回帰計算機能の検証も行う.また、レポートの書き方を身につける.次週からは、予め決められた配当表にしたがって、上記実験項目を行う。実施した実験の報告書を翌週までに提出する。実験の内容は教科書または別途配布する資料にあるので、事前に予習しておくこと。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
《電気電子システム工学科》
C-1:数学,物理学などの自然科学の基礎学力を養う
基礎教育部門(数学,物理,化学,実験など)の科目を通じて,自然科学の基礎学力を身に付け,専門科目に応用する能力を養う
C-3:電気電子工学分野の基礎数理・基礎物理の学力を養う
本学科の必修科目である基礎電気理論,電磁気学,電気回路,電子回路などの科目を通じて,本分野の重要な基礎数理・基礎物理の学力を養う
D-1:論理的・科学的に思考・表現する能力を養う
科学の作法,電気電子システム工学研修,卒業研究を通じて,本分野に関連する技術的内容を読解し,論理的・科学的に思考・表現する能力を養う
[その他]
(未登録)