山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
プログラミングI及び実習
小野島 紀夫
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TEE111 2 EE,ES 1 後期 IV-1-V-1
[概要]
プログラミングの力を養うための実践的な授業を目的として演習・実習に重点を置く.プログラミング言語はいろいろあるが,本授業ではC言語を使用し,プログラミングの基礎を身につけることを目標としている.具体的には,エディタの操作,制御の流れ,関数,配列とポインタ,ファイルへの入出力などの習得を目指す.演習課題は,行列演算,連立1次方程式の解,統計処理,数値解析などを題材として扱う.
[具体的な達成目標]
(ア)エディタ,コンパイルができるようになる
(イ)逐次制御 データの種類(数値,文字)を理解する
(ウ)反復制御 その1(for文,while文)が使えるようになる
(エ)反復制御 その2(do{〜}while文)が使えるようになる
(オ)分岐制御 その1(if文,if〜else文)が使えるようになる
(カ)分岐制御 その2(if〜else if文,case文)が使えるようになる
(キ)配列 その1(1次元配列 数値,文字)が使えるようになる
(ク)配列 その2(多次元配列)が使えるようになる
(ケ)関数 その1(組み込み関数)が使えるようになる
(コ)関数 その2(ユーザ関数)が使えるようになる
(サ)再帰関数が使えるようになる
(シ)ポインタが使えるようになる
(ス)ファイル入出力(テキストファイルへの入出力)が出来るようになる
[必要知識・準備]
講義内容を確実に理解するように集中すること.教科書は指定したが個人によっては参考書の方が読みやすい場合があるので選択は自由である.しかしながら講義の流れで教科書を使う場合もあるので臨機応変に準備すること.
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 30  %プログラムのデザインと動作結果 
2小テスト/レポート 70  %要求される基本的内容が理解できている 
[教科書]
  1. 高橋麻奈, やさしいC, ソフトバンククリエイティブ, ISBN:4797324775
[参考書]
  1. 阿曽弘具 編著, Cによる情報処理入門, 昭晃堂, ISBN:4785631066
  2. ザ・C, サイエンス社, ISBN:4781908527
[講義項目]
1.エディタ,コンパイル
2.逐次制御 データの種類(数値,文字)
3.反復制御 その1(for文,while文)
4.反復制御 その2(do{〜}while文)
5.分岐制御 その1(if文,if〜else文)
6.分岐制御 その2(if〜else if文,case文)
7.配列 その1(1次元配列 数値,文字)
8.配列 その2(多次元配列)
9.関数 その1(組み込み関数)
10.関数 その2(ユーザ関数)
11.再帰関数
12.ポインタ
13.ファイル入出力(テキストファイルへの入出力)
14.数値処理
15.総括評価とまとめ
[教育方法]
プログラムの構文を講義し,プログラムの課題を課す.
受講者は期限内に課題のプログラムを完成させ,電子ファイルで提出する.
プログラミング上の疑問点は,その都度担当教員に質問する.
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
(未登録)
[その他]
進捗状況に応じてレポートを課し,これを評価基準に加える.