山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
基礎物理学I
白木 一郎
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TEE103 2 EE,ES 1 前期 I
[概要]
力学を中心とした物理現象に微分積分の考え方を取り入れ、物理学の基本法則の理解を深め、科学的な思考能力・探究能力を育てる。すでに学習した物体の運動について、位置・時間・エネルギーの関係をあらわす方程式がどのように導かれるか、より基本的な事柄を理解する。特に、運動方程式を作って解き、その意味するところを感得することに主眼を置く。
[具体的な達成目標]
A.速度、加速度の概念を理解し、微分積分形式で説明することができる。
B.運動をベクトルを用いて表現し、演算できる。
C.自由落下、単振動の運動方程式を書き、その解を示すことができる。
D.ポテンシャルの概念を理解し、これに関連した問題が解ける。
E.簡単な系の慣性モーメントを求めることができる。
F.力と回転モーメントを考慮するつりあいの問題が解ける。
[必要知識・準備]
・高等学校で履修する程度の物理学の知識
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 50  %論理的思考能力、授業理解力、日常的勉学努力 
2試験:中間期 50  %論理的思考能力、授業理解力、日常的勉学努力 
[教科書]
  1. 原 康夫, 理工系の基礎物理 力学, 学術図書出版社, ISBN:ISBN:4-87361-093-1
[参考書]
(未登録)
[講義項目]
1.速度と加速度:位置ベクトル、速度ベクトル、加速度ベクトル、極座標
2.質点の力学 :運動の法則、放物体の運動、単振動と減衰振動、力学と仕事、
    力学的エネルギーと保存則、中心力場内の運動
3.質点系と剛体:角運動量、重心運動、剛慣性モーメント 

第 1回 位置ベクトル、速度ベクトル、加速度ベクトル
第 2回 極座標、運動の法則
第 3回 放物体の運動(1)
第 4回 放物体の運動(2)
第 5回 単振動(1)
第 6回 単振動(2)
第 7回 減衰振動
第 8回 中間評価:総括・まとめ
第 9回 力学と仕事
第10回 運動量保存則
第11回 中心力場内の運動
第12回 角運動量
第13回 重心運動
第14回 剛慣性モーメント
第15回 最終評価:総括・まとめ
[教育方法]
板書を伴う口頭説明を行なう。学生には、目、耳、頭脳、手をフルに働かせて集中することを要求する。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
《電気電子システム工学科》
C-1:数学,物理学などの自然科学の基礎学力を養う
基礎教育部門(数学,物理,化学,実験など)の科目を通じて,自然科学の基礎学力を身に付け,専門科目に応用する能力を養う
 
[その他]
(未登録)