山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
情報処理及び実習
村中 司/中村 一彦/永田 純一/望月 知明
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TEE102 3 EE,ES 1 前期 III-IV
[概要]
この授業は,各自が実験データの整理や文書・レポート作成,レポート提出,先生への質問,お互いの連絡などにコンピュータを道具として利用できるようになることを目標としている.また,コンピュータのネットワーク環境を理解し,有効に活用することができることを目標とする.さらに,道具として使いこなすだけでなく,コンピュータ,ネットワーク環境を利用する上での情報倫理について理解することも重要な目標の一つである.Webを使った学習方法に関しても学ぶ.
 講義では,コンピュータの仕組みや利用の仕方,情報倫理について学習する.
 実習では,コンピュータを使い講義で学習した内容を体験的に理解し実践する.実習で利用する総合情報処理センターでは,一人一台のコンピュータを使用して学習する.
[具体的な達成目標]
(ア)コンピュータの基本構成を理解し,コンピュータの安全な起動および停止ができる.
(イ)コンピュータとネットワーク環境を利用する上での情報倫理について理解し,適切な利用をすることができる.
(ウ)コンピュータを利用して文書・レポートの作成を行うことができる.
(エ)コンピュータを利用してレポートの提出を行うことができる.
(オ)コンピュータを利用して実験データの整理や作図を行うことができる.
(カ)ネットワーク環境の基本構成を理解し,ネットワークを利用することができる.
(キ)ネットワーク環境を利用して教師への質問や学生相互の連絡を行うことができる.
(ク)ネットワーク環境を利用して情報の検索を行うことができる.
[必要知識・準備]
基本的に高校までの知識があれば良いが,教科書及び配布されるプリントを予めよく読んでおくことが必要である.
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 100  %授業理解力、日常的勉学努力、情報収集/整理力、問題設定/解決能力 
[教科書]
  1. 奥村 晴彦, 【改訂第2版】基礎からわかる情報リテラシー, 技術評論社, ISBN:4774162132
[参考書]
  1. 木下 是雄, 理科系の作文技術, 中公新書, ISBN:4121006240
  2. トリプルウイン, 徹底図解 パソコンのしくみ 改訂版, 新星出版社, ISBN:4405107033
  3. 九州工業大学情報科学センター, デスクトップLinuxで学ぶコンピュータ・リテラシー, 朝倉書店, ISBN:4254121962
[講義項目]
第1回:ガイダンス 他
第2回:ネットワークと情報倫理
第3回:作図、プレゼンテーション(PowerPoint 他)1/2
第4回:作図、プレゼンテーション(PowerPoint 他)2/2
第5回:文書の作成(Word 他)
第6回:データの可視化、整理(Excel 他)
第7回:理系レポートの書き方 1/3
第8回:理系レポートの書き方 2/3
第9回:理系レポートの書き方 3/3
第10回:コンピュータの構造、基本的使用法 1/2
第11回:コンピュータの構造、基本的使用法 2/2
第12回:プログラミングの基本 1/3
第13回:プログラミングの基本 2/3
第14回:プログラミングの基本 3/3
第15回:総括評価・まとめ

※状況に応じて予定を変更することがある.
[教育方法]
講義では,スライドを用いた説明を行う.実習では,情報メディア館において一人一台のコンピュータを使用したオンライン学習を行う.
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
《電気電子システム工学科》
B:電気電子工学技術が社会や自然に及ぼす影響・効果を理解し,技術者としての責任を果たす能力を養う
技術者倫理,情報処理及び実習などの科目を通じて,技術が社会や自然に及ぼす影響・効果を理解する.また,社会における技術の使命が人類の生活の向上と福祉への貢献にあること,技術者には人間の健康と環境への配慮,地球資源の有効利用などについて倫理的責任があることを自覚し,技術者としての責任を果たす能力を養う
C-1:数学,物理学などの自然科学の基礎学力を養う
基礎教育部門(数学,物理,化学,実験など)の科目を通じて,自然科学の基礎学力を身に付け,専門科目に応用する能力を養う
C-2:情報技術を身につける
情報処理及び実習,ソフトウェア設計及び実習などの科目を通じて,電気電子工学技術者に必要な情報技術を身につける
[その他]
(未登録)