山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
応用解析I
垣尾 省司
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TEE101 2 EE,ES 1 後期 I
[概要]
応用解析Iでは,常微分方程式およびラプラス変換に関して学習する.具体的には,1階常微分方程式,定数係数の2階線形常微分方程式,定数係数の連立線形常微分方程式,ラプラス変換の応用等である.これらの方程式は,自然,社会,人工物において至る所で見出すことができ,その解法は現象の解析と人工物の設計において重要な役割を果たしている.
[具体的な達成目標]
・微分方程式の意味と役割を説明できること
・代表的な常微分方程式の解法を説明できること,特に定数係数の線形常微分方程式  の解法の知識を十分活用できること
・ラプラス変換の定義を理解し,常微分方程式の解法に応用できること
などである.
[必要知識・準備]
微分および積分の演算,線形代数
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 40  %「具体的な達成目標」を評価し、それが6割以上達成されているかを確認する. 
2試験:中間期 40  %「具体的な達成目標」を評価し、それが6割以上達成されているかを確認する. 
3小テスト/レポート 20  %「具体的な達成目標」を評価し、それが6割以上達成されているかを確認する. 
[教科書]
  1. 曽布川拓也・伊代野淳, 基本 微分方程式, サイエンス社, ISBN:4781910750
[参考書]
  1. マイベルク・ファヘンアウア, 工科系の数学5 常微分方程式, サイエンス社, ISBN:4-7819-0853-5
  2. バージェス・ボリー, 微分方程式で数学モデルを作ろう, 日本評論社, ISBN:4-535-78173-7
  3. 寺田文行, 坂田泩, 曽布川拓也, 演習と応用 微分方程式, サイエンス社, ISBN:4781909671
[講義項目]
 1.微分方程式の基礎概念
 2.1階常微分方程式 1
 3.1階常微分方程式 2
 4.1階常微分方程式 3
 5.高階常微分方程式 1
 6.高階常微分方程式 2
 7.高階常微分方程式 3
 8.総括評価・まとめ 1
 9.定数係数線形微分方程式 1
10.定数係数線形微分方程式 2
11.定数係数線形微分方程式 3
12.ラプラス変換とその応用 1 
13.ラプラス変換とその応用 2 
14.ラプラス変換とその応用 3
15.総括評価・まとめ 2
[教育方法]
講義は教科書に沿ってスライドを用いて進める.スライド資料はあらかじめCNS掲示により配布される.理解を深めるために,教科書の問題・演習問題を,その場で解答する時間を設ける,あるいは宿題(レポート課題)とする.日常的な学習が習慣づいていることを重要視する.
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
《電気電子システム工学科》
C-1:数学,物理学などの自然科学の基礎学力を養う
基礎教育部門(数学,物理,化学,実験など)の科目を通じて,自然科学の基礎学力を身に付け,専門科目に応用する能力を養う
[その他]
(未登録)