山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
エンジニアリングデザインII
森 一博/石井 信行/稲葉 弘之/穂坂 真
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TCE402 1 CE,CL 4 前期 IV-V
[概要]
本科目では、それまでに修得した知識を総合的に活用し、コストや環境に与える影響等の制約条件下で、望ましい社会基盤整備を進める計画・設計手法を学ぶ。具体的には,上水道関連施設を中心とした都市基盤施設に関する計画・設計の演習を行う。
[具体的な達成目標]
・社会基盤施設の要求性能と設計に必要な考え方を理解できる。
・社会基盤施設の詳細設計の手順を理解できる。
・具体的な社会基盤を対象にして、コストや環境への影響を考慮しながら、設計をすることができる。
・グループでの計画・設計作業において、他人と協力して目標を達成することができる。
・調査・分析および計画・設計した内容をわかりやすく説明できる。
[必要知識・準備]
エンジニアリングデザイン入門とエンジニアリングデザインIを履修していること。
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 50  %与えられた課題に対してグループで作成したレポートの内容を評価する。 
2発表/表現等 50  %与えられた課題に対してグループで発表した内容を評価する。 
[教科書]
  1. 特になし
[参考書]
  1. 水道施設設計指針(2000年版), 日本水道協会, ISBN:4930939275,
    (環境・水・計画系コース)

  2. 下水道施設計画・設計指針と解説(1994年版)前編, 日本下水道協会,
    (環境・水・計画系コース)

  3. 下水道施設計画・設計指針と解説(1994年版)後編, 日本下水道協会,
    (環境・水・計画系コース)

  4. 川北 和徳, 飯嶋 宣雄, 上水道工学[第3版], 森北出版, ISBN:4627492839,
    (環境・水・計画系コース)

  5. 松本順一郎,西堀清六, 下水道工学(第3版), 朝倉書店, ISBN:4254261411,
    (環境・水・計画系コース)
[講義項目]
第1回 ガイダンス・講義・演習(担当:全教員):日程および容量算定の解説
第2回 講義・演習(担当:森/稲葉):管路の設計
第3回 講義・演習(担当:森/稲葉):浄水施設設計の解説
第4回 講義・演習(担当:森/稲葉):浄水施設設計図の細部解説
第5回 講義・演習(担当:森/稲葉):浄水施設設計図の作成
第6回 グループ作業(担当:森/稲葉):施設設計図の講評と施設配置の方針案の作成
第7回 グループ作業(担当:森/稲葉):施設配置図と発表案の作成
第8回 施設配置案と配置図のプレゼンテーション(担当:森/稲葉)
第9回 講義・演習(担当:石井/穂坂):都市アメニティ施設計画の説明
第10回 講義・演習(担当:石井/穂坂):敷地分析の解説と現地見学
第11回 講義・演習(担当:石井/穂坂):敷地分析の発表・講評
第12回 講義・演習(担当:石井/穂坂):施設配置計画の解説
第13回 グループ作業(担当:石井/穂坂):施設配置計画の発表・講評
第14回 グループ作業(担当:石井/穂坂):施設計画最終案の策定
第15回 プレゼンテーション(担当:石井/穂坂):施設計画最終案の発表・講評
予習:次回の授業までの課題やキーワードがが示される.課題の主旨やキーワードの意味をノートにまとめる.
復習:授業で行った内容をノートにまとめる.
*作業の進捗状況により、授業内容の順番が入れ替わることがある
[教育方法]
・課題に対するグループ作業を中心にして、教員はアドバイザー役になり、参加学生の主体性を尊重するようにしている。
・課題を実行するために必要な情報を提供する講義を行っている。
・課題の発表は、パワーポイント等のプレゼンテーション・ソフトを使用させている。
・発表後の質疑応答において、各教員が異なった視点から質問を行うことにより、自身の発表内容を多面的に理解できるようにしている。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
《土木環境工学科》
E.学習および問題解決能力
 専門基礎に関する演習科目において、自発的・継続的に学習する能力を身に付けるとともに、社会的要請や社会環境の変化に柔軟に対応し問題を解決する能力を獲得する。
G.計画立案・管理・実行能力
 社会基盤整備において、地域社会・自然との調和、コスト・資源の最適な運用、品質の保証など様々な要求に応えることのできる計画を立案・管理・実行する能力を身につける。
H.目標達成能力
 土木環境工学の基礎及び専門的な知識・技術の習得において、自分自身で目標・課題を設定し、その達成・解決に努力する習慣を身に付ける。
I.実務的遂行能力
 社会的、経済的、技術的及び環境的な制約条件のもとで、問題解決に最適な手法・技術を選択し、仕事を遂行する実務的な能力を身に付ける。
J.理論的な表現・伝達能力
 自分の思想やアイディアを具体的かつ理論的に表現し伝達する能力、及び共通の課題について他の人と議論し合理的な結論を導き出すことのできる能力を身に付ける。
[その他]
多の科目との関連:
エンジニアリングデザイン入門 → 専門科目 → エンジニアリングデザインI → 「エンジニアリングデザインII」 → 卒業研究