山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
景観工学
石井 信行
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TCE317 2 CE,CL 3 前期 I
[概要]
 これまでの土木建設事業は,一面的な経済性,安全性,機能性の追求により,社会の短期的要求に応えることはできたが,長期的に見ると,結果として人間生活や生態系に対する負の影響が無視し得ない状況をもたらしてしまっており,現在でもその状況は変わらないばかりか,悪化している面もある。本講義では「景観」を土木環境工学における複雑な問題を解く一つの視点と位置付け,人間と環境との関わり合いをこの景観という観点から理解するために,理論と手法を学ぶと共に,様々な関わり合いの事例を参照する。それらを通して,与えられた環境における問題を解決し人間が生活する空間として統合する方法論(本来のデザインが意味するところである。)を学ぶことを目的とする。
[具体的な達成目標]
(1)景観工学で用いられる専門用語を理解できる。
(2)景観の把握ができる。
(3)社会基盤施設が景観に与える影響を理解できる。
(4)空間および構造物のデザインの良否を理解できる。
[必要知識・準備]
専門科目全般(景観工学は土木環境の他分野と広く関係している。)
共通科目の「科学・デザイン・コミュニケーション」「住まいの地方性」「心理学の誘い」「社会と文化の心理学」「表象と文化」等,人間,社会,環境,文化,芸術に関するもの。
TBS系「世界遺産」,NHK教育「新・日曜美術館」等のテレビ番組も有益である。
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 20  %主に,基礎的な専門用語及び注目すべき人名等を覚えているかを評価する。 
2試験:中間期 20  %主に,基礎的な専門用語及び注目すべき人名等を覚えているかを評価する。 
3小テスト/レポート 60  %小課題が40%,期末に提出するレポートが20%。課題の理解度と,作業内容を評価する。(小課題は,教科書に関する課題を各4点×10回出題 但し、授業を欠席した週の課題点は1/2とする。) 
[教科書]
  1. アン・W・スパーン, アーバンエコシステム, 公害対策技術同友会, ISBN:4874891217
[参考書]
  1. Anne Whiston Spirn, The Granite Garden, Basic Books, ISBN:0-465-02706-7
  2. 篠原修編集,景観デザイン研究会, 景観用語辞典, 彰国社, ISBN:439510018X
  3. 石井信行, 構造物の視覚的力学, 鹿島出版会, ISBN:4306077020
  4. 素山・篠原修, ピカソを超える者は, 技報堂, ISBN:9784765517409C3050
  5. 馬場俊介監修,岡田憲久・小林一郎・佐々木葉・鈴木圭, 景観と意匠の歴史的展開, 信山社サイテック, ISBN:4797225297
[講義項目]
 1. 景観工学概論
    景観工学が扱う対象の概要
 2. 景観論
    景観学の歴史、景観の捉え方、景観モデル、
 3. 景観計画
    理念、景観法、景観計画手法
 4. 人間の特性
    対象の認知、錯視、行動の心理
 5. 空間のデザイン-1:街路
    街路の形成、機能、基本構造、構成要素、景観的類型、デザイン手法
 6. 空間のデザイン-2:公園
    都市公園の歴史、機能、構成要素、デザイン
 7. 空間のデザイン-3:広場
    広場の歴史、機能、構成要素、デザイン
 8. 空間のデザイン-4:水辺
    水辺と文化、水面の魅力、水辺景観の構成要素、デザイン手法
 9. 環境のデザイン-1:道路
    道路の設計、デザイン手法(緑化、法面、高架・橋梁、トンネル、遮音壁、植栽)、パークウエイの思想とデザイン、エコロードの整備手法
10. 環境のデザイン-2:河川-1
    河川の営み、近自然工法、多自然型河川整備、ビオトープ、河川伝統工法
11. 環境のデザイン-3:河川-2
    近自然工法の事例(水制・床止め工の設置)、近自然工法の研究施設
12. 橋梁のデザイン-1:橋梁デザイナー
    ロベール・マイヤール、グスタフ・エッフェル、フリッツ・レオンハルト、ヨルグ・シュライヒ、クリスチャン・メン、サンチャゴ・カラトラバ
13. 橋梁のデザイン-2:景観設計
    橋の意味、景観デザインの基本、事例紹介ビデオ
14. ユニバーサルデザイン
    ユニバーサルデザインの思想、人間の能力、7原則、ハートビル法、交通バリアフリー法
15. 景観研究
    景観工学分野における研究の対象・方法・事例紹介

予習:授業ノートを数日前にCNSにアップロードするので、授業までに目を通してください。
復習:授業後には、スライドの内容と授業ノートの内容を対応させてください。
[教育方法]
・講義ではプロジェクターを使用し、説明している。また、講義中に使用するスライドの概要をまとめた授業ノートおよび資料をPDFファイルでCNSにアップロードし配布している。
・ビデオを利用した講義も設定し、景観デザインに関わる技術者等の声を聞けるようにしている。
・教科書を読んで解答する小課題をほぼ毎回実施し、学期を通じて問題意識を維持できるようにしている。
・現地調査を必要とするデザイン課題により、授業内容を現実の空間と結びつけられるようにしている。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
《土木環境工学科》
A.技術者の責務の自覚
 土木環境技術が人間社会や自然環境の変化に及ぼす効果・影響を理解し、自然と調和した人類の持続的発展のために土木環境技術者が果たすべき責務を自覚する。
C.専門基礎学力
 社会基盤の設計・施工や環境保全技術を習得するための基盤として、構造力学、土木材料学、地盤工学、計画学、水理学及び環境工学などの専門基礎学力を身に付ける。
F.問題の把握および解決能力
 社会基盤や環境整備の設計・計画などにおける問題・課題を的確に把握し、その解決に専門基礎科目で習得した知識・技術を応用できる能力を身に付ける。
[その他]
教科書の英文原本(参考書指定)の内容を授業で参照します。(原本を購入する必要はありません。)

本授業の位置付けは以下の通りです。
土木環境デザイン→計画学基礎及び演習→都市計画→景観工学