山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
コンクリート構造学第二
斉藤 成彦
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TCE310 2 CE,CL 3 前期 III
[概要]
 コンクリート構造学第一では、曲げモーメントを受ける鉄筋コンクリート部材を対象に学習を行ったが、本講義では軸力やせん断力を受ける場合の挙動について学習する。さらに、鉄筋コンクリートを応用・発展させた構造であるプレストレストコンクリートに関する基本的概念を学ぶ。
[具体的な達成目標]
(1)せん断力を受ける鉄筋コンクリート部材の破壊耐力の算定ができる。
(2)軸力と曲げを受ける鉄筋コンクリート部材の破壊耐力の算定ができる。
(3)プレストレストコンクリート部材の特徴が理解できる。
(4)コスト等の制約条件の下で、いかに性能の高い部材を設計するか考察できる。
[必要知識・準備]
 構造力学(応力・断面力等)、建設材料学及び演習ならびにコンクリート構造学第一で学習した知識を必要とする。
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 50  %軸力と曲げを受けるRC部材の耐力算定およびPC部材の基礎知識について、理解力、論理的思考能力を確認します。 
2試験:中間期 50  %せん断力を受けるRC部材の耐力算定を通して、授業理解力、論理的思考能力、問題解決能力を評価します。 
[教科書]
  1. 町田、関、丸山、檜貝, 鉄筋コンクリート工学, オーム社, ISBN:4274131114
[参考書]
  1. 田辺他, コンクリート構造, 朝倉書店, ISBN:4254261241
[講義項目]
  1.RC部材の設計概念
  2.せん断力を受ける部材の挙動、斜めひび割れ
  3.せん断補強筋を用いない部材のせん断耐力1
  4.せん断補強筋を用いない部材のせん断耐力2
  5.各種破壊形式の算定
  6.せん断補強筋の効果
  7.トラス理論・中間評価:まとめ
ここまでで、RC部材のせん断耐力が算定できるようにする。
  8.軸力を受ける部材の挙動
  9.軸力を受ける部材の耐力、拘束効果
 10.軸力と曲げモーメントを受ける部材の挙動、相互作用図
 11.軸力と曲げモーメントを受ける部材の耐荷力
ここまでで、軸力と曲げモーメントを受ける部材の耐力評価ができるようにする。
 12.プレストレストコンクリートの原理
 13.プレストレスの導入
ここまでで、プレストレストコンクリートの特徴を理解できるようにする。
 14.RC部材の性能規定型設計について
 15.評価:総括・まとめ

予習:コンクリート構造学第一で学んだRCはりの理論を見直す。
復習:講義で学んだ耐力算定法を理解する。
[教育方法]
・講義により必要知識の教授を行い、演習問題を通して破壊耐力の算出ができるようにする。
・模型供試体を用いてせん断力を受ける部材の破壊状況を理解する。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
《土木環境工学科》
F.問題の把握および解決能力
 社会基盤や環境整備の設計・計画などにおける問題・課題を的確に把握し、その解決に専門基礎科目で習得した知識・技術を応用できる能力を身に付ける。
[その他]
本講義の位置付け
コンクリート構造学第一 → コンクリート構造学第二 → 土木環境工学卒業論文