山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
環境工学実験
金子 栄廣/森 一博/平山 けい子/原本 英司/遠山 忠/中村 高志/八重樫 咲子
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TCE308 1 CE,CL 3 前期 III-IV
[概要]
浄水・用水および下排水処理は、健康で快適な市民生活と産業活動の根幹であると同時に、水環境の保全にも大きな役割を果たしている。この科目では、実際施設の設計・維持管理で重要な水質管理項目について実験を通じて学び、その内容を理解する。
[具体的な達成目標]
1.水環境工学分野で利用される重要な測定技術を体得し、設計・維持管理への応用を理解できる。
2.グループでの実験作業において、他人と協力して目標を達成することができる。
3.実験結果を整理し、わかりやすく説明できる。
4.実験結果を解析し、結果の妥当性を検討できる。
[必要知識・準備]
環境工学概論、基礎化学I〜III、基礎生物学、衛生工学及び演習、土木環境科学実験などで習ってきた事項の理解を前提としている。なお、実験に先立って、あらかじめ配布の実験テキストの熟読、ならびに、実験当日は白衣や電卓、タオルなどの持参が必要である。また、実験では危険を伴うこともあるため、実験に適した服装と慎重な作業を心がけること。
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 30  %授業理解力、問題解決能力 
2小テスト/レポート 40  %問題設定/解決能力、観察/実験力、論理的思考能力 
3受講態度 30  %積極性、協調性 
[教科書]
(未登録)
[参考書]
(未登録)
[講義項目]
全体説明の後、履修者は6つのグループ(A-F)に分かれ、3つの実験群をローテーションしてすべて履修する。各群は、実験作業4コマと解析作業4コマの計8コマから構成されている。すべての群を履修した後、期末試験とまとめを実施する。したがって、全体では14週、28コマの授業となる。
以下はAグループの履修順序を示したものであり、グループによって順序は異なる。

1. 全体説明(全教員)
2. 第1群 凝集による浮遊物質の除去(平山、金子、平山け)
3. 第1群 実験結果解析、レポート作成(平山、金子、平山け)
4. 第1群 反応槽での混合特性の把握(平山、金子、平山け)
5. 第1群 実験結果解析、レポート作成(平山、金子、平山け)
6. 第2群 微生物の消毒処理(1)(原本)
7. 第2群 実験結果解析、レポート作成(原本)
8. 第2群 微生物の消毒処理(2)(原本)
9. 第2群 実験結果解析、レポート作成(原本)
10.第3群 下水処理(1)(森、遠山)
11.第3群 実験結果解析、レポート作成(森、遠山)
12.第3群 下水処理(2)(森、遠山)
13.第3群 実験結果解析、レポート作成(森、遠山)
14.期末試験、まとめ(全教員)

予習:あらかじめ実験テキストに目を通して内容を理解するとともに、実験フローチャートを作成する。
復習:実験結果に基づいてレポートを作成する。
[教育方法]
・実験を効率的に進めるため、実験に先立ち、各テーマの意義や実験上の注意事項を解説する。
・必要に応じて、実験理論・現象の理解を深め、実験データの解析・分析能力を養うことを目的とした演習を行う。
・授業時間中は、各実験に対して自発的に取り組んでもらう。そのため予習は必須となる。
・得られた実験値の中に、考察に必要な基本的数値等が含まれていることを確認してもらう。
・実験で得られたデータを解析・分析するとともに実験理論との整合性等に関する考察を加え、レポートにまとめてもらう。
・実験内容の理解を深めるため、必要に応じて参考資料を配付する。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
《土木環境工学科》
D.問題解析・分析能力
 土木環境工学の実験・実習における体験を通じて、現象の理解を深めるとともに、実験結果から工学的に意味のある情報を抽出するための解析・分析能力を習得する。
F.問題の把握および解決能力
 社会基盤や環境整備の設計・計画などにおける問題・課題を的確に把握し、その解決に専門基礎科目で習得した知識・技術を応用できる能力を身に付ける。
[その他]
実験ごとに課されるすべてのレポートを提出する必要があります。未提出のレポートが1つでもあった場合、単位の取得は不可となります。レポートの提出遅れは大幅な減点となります。なお、レポートは手書きとします。
なお、本授業科目の位置づけは以下の通りです。
土木環境デザイン・エンジニアリングデザイン入門→衛生工学及び演習→環境生態学・環境工学概論→【環境工学実験】・水処理工学・廃棄物管理工学・水質学→環境生物学