山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
建設工学実験II
後藤 聡/荒木 功平
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TCE306 1 CE,CL 3 前期 III-IV
[概要]
 土によって形成される地盤のうえに各種土木構造物・施設を設計・施工する場合には,その土の諸性質を事前に明らかにしておかねばならない.そのための種々の土質試験法が提案され,基準化されている.そのうち主要なものについて,自らが実際に試験を行い,その体験を通して試験の原理および方法を学習する.
<学科の学習・教育目標との対応:> 問題解析・分析能力
[具体的な達成目標]
土質試験で利用される基本的な測定技術について理解し,実際に利用できる.
グループでの実験作業において,他人と協力して目標を達成することができる.
実験結果を整理し,わかりやすく説明できる.
実験結果を解析し,結果の妥当性を検討できる.
各土質試験の意義と目的を理解できる.
[必要知識・準備]
 土質力学及び演習第一・土質力学第二の授業科目で勉学した知識を使う.その理解度が低いと学習効果は上がらない.実験前においては関係する土質力学の予習,実験後においては実施した実験および関係する土質力学の復習をしっかり行うことが必要である.
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 50  %情報収集/整理力、問題設定解決能力 
2受講態度 50  %積極性・協調性、グループの活動についての評価 
[教科書]
  1. 土質試験(基本と手引き), 地盤工学会, ISBN:978-4886440846
[参考書]
  1. 地盤工学委員会 土質試験のてびき改訂WG, 土質試験のてびき 第三版, 土木学会, ISBN:978-4-8106-0837-3
[講義項目]
<学習項目>
1.土質試験大要:土質試験全般を説明する.
2.密度・粒度試験:土粒子の密度,土の粒度を調べる.
3.密度・粒度試験:実験結果の考察・とりまとめ
4.コンシステンシー試験:土の液性限界,塑性限界、収縮限界を調べる.
5.コンシステンシー試験:実験結果の考察・とりまとめ
6.締固め試験:土の締固め特性を調べる.
7.締固め試験:実験結果の考察・とりまとめ
8.透水試験:砂質土の透水性を調べる.
9.透水試験:実験結果の考察・とりまとめ
10.圧密試験:圧密に係る諸係数等を評価する.
11.圧密試験:実験結果の考察・とりまとめ
12.三軸圧縮試験:最も汎用性の高い強度試験である.
13.三軸圧縮試験:実験結果の考察・とりまとめ
14.エンジニアリングデザイン(実験結果の考察)
15.テーマ実験の総括

予習:教科書を読み実験手順を理解しておく.
復習:レポート作成が復習を兼ねる.
[教育方法]
土質力学に関する講義で習得した基礎知識をもとに,実体験により,実務において頻繁に使用される主要な土質試験の意義と目的を理解させる.
共同作業を行うことにより,これまでに習得した専門知識の共有を再確認させる.
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
《土木環境工学科》
D.問題解析・分析能力
 土木環境工学の実験・実習における体験を通じて、現象の理解を深めるとともに、実験結果から工学的に意味のある情報を抽出するための解析・分析能力を習得する。
F.問題の把握および解決能力
 社会基盤や環境整備の設計・計画などにおける問題・課題を的確に把握し、その解決に専門基礎科目で習得した知識・技術を応用できる能力を身に付ける。
[その他]
本授業科目は,以下のような位置づけである.

応用物理学 → 土質力学及び演習第一 → 土質力学第二 → 建設工学実験II,土質工学第一 → 土質工学第二