山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
測量学実習第一
宮沢 直季/相馬 一義/荒木 功平/竹谷 晃一
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TCE302 1 CE,CL 3 前期 III
[概要]
測量学第一の講義で得た知識をもとに、与えらた課題に取り組むことにより測量学の理解を深める。単に機器操作の習熟にとどまらず、グループで測量を適切に効率良く行うために必要な作業計画や段取りの立て方の修得、測量結果に対する適切な判断が下すことができる総合的な能力を養うことをめざす。
[具体的な達成目標]
基本となる測量手法として、角測量、距離測量、水準測量を行う。ここでは主にトータルステーション(セオドライト、光波距離計)、ティルティングレベル、巻尺の操作方法を習得する。
[必要知識・準備]
(1)測量学第一、基礎統計学、情報処理及び実習で得た知識を必要とする。
(2)測量学第一で使用した教科書、配布資料、講義ノートを準備する。
(3)関数電卓を準備すること。実習は屋外、山地で行うので、それに適した服装をし、履き物は靴とする。
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 50  %レポートの内容(実習内容の理解度)。機器の取り扱い・後片付け、作業のスムーズさ・的確さ、班員の協力体制、も考慮に入れる。 
2受講態度 50  %自発的学習、指定された期間内に作業を完成する 
[教科書]
  1. 測量学実習指導書
[参考書]
(未登録)
[講義項目]
1.測量学実習の概要説明:測量学実習の進め方,注意事項等
2.測量機器の説明:機器の概要を理解し、トータルステーションの基礎的な使用方法を理解することを目標とする.
3.角測量(1):トータルステーションの据え付けの習得を目標とする
4.角測量(2):水平角(単測法、倍角法)の測量の習得を目標とする
5.角測量(3):鉛直角・方位角の測量の習得を目標とする
6.距離測量(1):歩測・巻き尺による距離測量の習得を目標とする
7.距離測量(2):スタジア測量の習得を目標とする
8.距離測量(3):光波測距(トータルステーション)による距離測量を習得し、各距離測量の利点の理解を目標とする
9.直接水準測量(1):ティルティングレベルの据え付けの習得を目標とする
10.直接水準測量(2):ティルティングレベルによる昇降式直接水準測量の習得を目標とする
11.直接水準測量(3):直接水準測量の誤差の配分方法の習得を目標とする
12.CADおよび座標計算プログラム演習(1):トータルステーションを用いた三次元測量結果から座標を算出するプログラムの作成に関する基礎知識の習得を目標とする
13.CADおよび座標計算プログラム演習(2):トータルステーションを用いた三次元測量結果から座標計算が行えることを目標とする
14.CADおよび座標計算プログラム演習(3):CADを用いた地形図の作成に関する基礎知識の習得を目標とする
15.CADおよび座標計算プログラム演習(4):CADを用いて地形図作成が行えることを目標とする

注意事項:本実習は2〜4人で班を組み実習を行う。

予習:実習内容を理解して授業に臨むために、「測量学実習指導書」の関連項目を熟読する。
復習:測定データを整理し、レポートを作成する。その際に測量学実習指導書・測量学教科書等を参考に誤差が生じた原因を考察し、設問に答えること。
[教育方法]
・独自に作成した教科書「測量学実習指導書」を用いて、分かりやすい実習を心がけている。
・実習内容を理解して授業に臨むために、「測量学実習指導書」の関連項目について予習すること。また、復習の一部として、測定データの整理、レポートの作成を行うこと。
・機器の操作方法に関して、教員のほかティーチングアシスタントも動員して、ひとりひとりの学生に対してきめ細かな指導を行う。
・実習は班ごとに実施し、コミュニケーション力ならびにチームワーク力の向上もはかる。
・レポートは、作成項目を具体的に示して各測量の目的・手法・結果の解釈・関連する問題への対処等を理解できるように工夫させるとともに、班で取り組んだ成果を記述させる。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
《土木環境工学科》
D.問題解析・分析能力
 土木環境工学の実験・実習における体験を通じて、現象の理解を深めるとともに、実験結果から工学的に意味のある情報を抽出するための解析・分析能力を習得する。
[その他]
本科目は、JABEEプログラムの学習・教育目標達成に対して以下のような位置づけである。
測量学第一→測量学実習第一,第二→測量学第二

履修に関する注意事項:
測量学実習第一は、測量学実習第二(木曜日IV時限)と同時に履修申告しなければならない。授業は木曜日のIII時限〜IV時限の連続で行う。
授業時間に関する注意事項:
注意1)雨天の場合は講義を順延とする。また、所定の精度を満たさなかった場合は再度測量をやり直す。そのため夏休みに入って約1週間は授業を行う可能性があるので、終日予定を入れないでおくこと。
注意2)予習の準備不足等で授業時間内(IV時限まで)に作業が終わらない場合は、作業が終わるまで実習を行う。