山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
衛生工学及び演習
原本 英司/金子 栄廣
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TCE219 3 CE 2 前期 月/金 I/IV
[概要]
衛生工学は,快適な生活環境を確保しつつ人間の生命を脅かす環境問題を防ぎ解決するための学問であり,技術です。広くは,飲料・生活用水ならびに産業用水の確保,排水の処理・処分,廃棄物の処理処分,各種公害の防止などが具体的な対象とされています。
この講義では,われわれの生活に不可欠な水に関する重要な施設である上水道と下水道について,それぞれの目的と仕組みを理解する事を目標とし,その計画,設計ならびに運用を行う上で基本となる事項について学習します。
[具体的な達成目標]
技術士一次試験(上下水道部門)の専門科目に関する問題が解けるレベルを目指します。具体的には以下を達成目標とします。
<上水道に関する達成目標>
1.上水道の役割,構成を理解し,説明できる。
2.上水道計画に関する基本事項を理解し,説明できる。
3.水道の水質基準の意義を理解し,説明できる。
4.上水道の各工程の設計や運用に関わる基本事項を理解し,初歩的な設計ができる。
<下水道に関する達成目標>
5.下水道の基本用語を説明できる.
6.計画下水量を推定するための手順を説明し計算できる.
7.計画下水量に対して下水管の管径を決定できる.
8.下水処理場の基本施設の容量設計ができる.
9.下水道の上の4つ(5-8)に関して試験問題を自分で作成できる.
[必要知識・準備]
特に必要としない。
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 40  %下水道に関する内容の達成度 
2試験:中間期 40  %上水道に関する内容の達成度 
3小テスト/レポート 20  %各単元への取組状況と理解度 
[教科書]
  1. 川北和徳 ほか, 上水道工学(第4版), 森北出版, ISBN:4-627-49284-7
  2. 松本順一郎,西堀清六, 下水道工学(第3版), 朝倉書店, ISBN:978-4-254-26141-7
[参考書]
(未登録)
[講義項目]
<前半:上水道>
 1.総論 (概説,歴史と現状,水道の構成,水資源)
 2.上水道計画 (要件,手順,計画給水量,水源と施設配置)
 3.水質基準 (水道水質基準,基準項目の意義)
 4.水質および水質試験 (水源・浄水処理・給配水の水質,水質試験)
 5.水源および貯水施設 (水源,貯水施設)
 6.取水・導水施設 (地表水の取水,地下水の取水,導水施設)
 7.浄水施設概説 (構成,計画浄水量,配置,着水井)
 8.凝集・沈殿施設 (凝集池,フロック形成池,沈殿施設)
 9.ろ過施設 (機構,緩速ろ過池,急速ろ過池,浄水池)
 10.消毒および消毒設備 (塩素消毒,その他の消毒剤,消毒設備)
 11.高度浄水処理 (生物処理,オゾン処理,活性炭処理,膜処理)
 12.排水処理 (排水処理施設の構成と機能)
 13.配水施設 (配水方式,配水池,配水塔,高架タンク)
 14.送配水管 (送水管,配水管)
 15.上水道に関する評価・総括・まとめ
<後半:下水道>
 16.下水道の発展経過,下水道の意義,山梨県の下水道と生活排水処理計画
 17.下水道計画.
 18.計画汚水量の推定方法.
 19.確率年を与え降雨強度を推定する方法.
 20.計画雨水量の推定方法.
 21.合理式を用いた計画雨水量の計算方法.
 22.下水管きょの設計.
 23.下水道工学中間確認:1〜7の内容について,理解度向上のための確認と解説をおこなう.  
 24.下水の排除方式,下水管きょ関連設備.
 25.下水の水質,汚濁負荷原単位.
 26.下水処理方法の選択,沈澱池.
 27.エアレーションタンクの設計.
 28.エアレーションタンク指標と活性汚泥指標
 29.汚泥処理.
30.下水道工学総合確認:16〜30の内容について,理解度向上のための確認と解説をおこなう
 上記に示すように授業が進行します.予習として,教科書の例題を自分で解き,疑問点をまとめておく.復習としては,課題があります.
[教育方法]
1.教科書に基づく講義(解説)後に演習を行います。
2.主要単元終了後に演習問題を課し,レポートとして提出してもらいます。
3.レポートの提出状況と内容をチェックした上でレポートを返却します。
4.レポートで理解不足が感じられた項目を中心に授業時間内に解説をします。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
《土木環境工学科》
C.専門基礎学力
 社会基盤の設計・施工や環境保全技術を習得するための基盤として、構造力学、土木材料学、地盤工学、計画学、水理学及び環境工学などの専門基礎学力を身に付ける。
E.学習および問題解決能力
 専門基礎に関する演習科目において、自発的・継続的に学習する能力を身に付けるとともに、社会的要請や社会環境の変化に柔軟に対応し問題を解決する能力を獲得する。
[その他]
積極的に質問するよう心がけて下さい。
本授業科目の位置づけは以下の通りです。
土木環境デザイン・エンジニアリングデザイン入門→【衛生工学及び演習】→環境生態学・環境工学概論→環境工学実験・水処理工学・廃棄物管理工学・水質学→環境生物学