山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
計画学基礎及び演習
武藤 慎一/佐々木 邦明
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TCE216 3 CE 2 前期 III-IV
[概要]
計画学基礎では,どのような場面で計画が必要となるのかを,社会資本の性質とその特徴,また,計画の必要性に関する理論的な背景を学ぶ.このようにしてなぜ計画が必要なのか,どのような計画が望ましいのかを明確にすることで,計画分野だけでなく,他の領域における講義のベースとなる知識を取得することを第一目標とする.それらを踏まえた上で,社会現象の調査手法,基礎統計学で学んだ統計の知識を生かして,現象分析法としてのデータ解析手法,望ましい計画を実践するための便益評価方法について学習する.
これらの理論に基づいて仮想の計画案などをもとにして,現象分析や計画案策定の演習を行う.
[具体的な達成目標]
(1)土木計画学に関する基本的な概念・理論を理解している.
(2)土木計画学の基礎となる確率・統計などを理解し,実際の問題に応用できる.
(3)社会資本整備の計画において考慮すべき社会的要求やコスト等の事項を事業ごとに抽出できる.
(4)計画において用いられる予測式を理解し,計算できる.
(5)計画において用いられる分析手法を理解し,得られたデータを解釈できる.
[必要知識・準備]
基礎統計学・応用統計学で学習した統計の知識,高等学校までに学ぶ微分法や代数についての知識が必要.
また,ミクロ経済学の基礎知識があると理解を助ける.
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 35  %後半の内容の理解と演習問題を解く力を問う. 
2試験:中間期 35  %前半の内容の理解と演習問題を解く力を問う. 
3小テスト/レポート 30  %毎回の演習です. 
[教科書]
  1. 藤井聡, 土木計画学―公共選択の社会科学, 学芸出版社, ISBN:4761531665
[参考書]
(未登録)
[講義項目]
(佐々木担当)
1.土木と土木工学
2.土木と土木工学:演習
3.土木計画と土木計画学1
4.土木計画と土木計画学1:演習
5.土木計画と土木計画学2
6.土木計画と土木計画学2:演習
7.社会的意思決定論
8.社会的意思決定論:演習
9.態度変容型計画論
10.態度変容型計画論:演習
11.統計的予測理論
12.統計的予測理論:演習
13.具体的な土木計画について1
14.具体的な土木計画について2
15.評価:総括・まとめ

(武藤担当)
1.土木と土木工学
2.土木と土木工学:演習
3.数理的最適化理論
4.数理的最適化理論:演習
5.公共経済学の基礎
6.公共経済学の基礎:演習
7.社会厚生と計画論演習
8.社会厚生と計画論演習:演習
9.費用便益分析(1)
10.費用便益分析(1):演習
11.費用便益分析(2)
12.費用便益分析(2):演習
13.建設プロジェクトの工程管理
14.建設プロジェクトの工程管理:演習
15.評価:総括・まとめ


復習:毎回演習を行い返却するので,内容について復習を行うこと
予習:内容は教科書に沿っており,前半は基礎統計・応用統計と関係が深いためあらかじめ内容を調べておくことを推奨する.
[教育方法]
・講義中(一部宿題)に演習問題を解かせ,データの収集や分析手法,公共経済,計画の評価等を手で理解できるようにしている.
・関連する講義が続く場合には,前回の演習内容を簡単に復習する.
・講義の後には演習を行う.

前半は佐々木,後半武藤の順序で実施予定.
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
《土木環境工学科》
C.専門基礎学力
 社会基盤の設計・施工や環境保全技術を習得するための基盤として、構造力学、土木材料学、地盤工学、計画学、水理学及び環境工学などの専門基礎学力を身に付ける。
E.学習および問題解決能力
 専門基礎に関する演習科目において、自発的・継続的に学習する能力を身に付けるとともに、社会的要請や社会環境の変化に柔軟に対応し問題を解決する能力を獲得する。
I.実務的遂行能力
 社会的、経済的、技術的及び環境的な制約条件のもとで、問題解決に最適な手法・技術を選択し、仕事を遂行する実務的な能力を身に付ける。
[その他]
本授業の科目は,以下のような位置づけである.
基礎統計学 → 応用統計学 → 計画学基礎及び演習 → 都市計画 → 交通計画・景観工学・交通工学