山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
土質力学第二
荒木 功平
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TCE213 2 CE,CL 2 後期 III
[概要]
本講義では、地盤工学の中で、土質力学に関する基礎知識の応用力と更なる詳細な専門的知識を習得する。
[具体的な達成目標]
「土質力学及び演習第一」で習得した基礎知識の応用に基づいた問題解決能力を開発する。
[必要知識・準備]
受講していることが望ましい科目として以下が挙げられる。
・土質力学及び演習第一
・水理学及び演習第一
・構造力学及び演習第一
・応用物理学
・土木環境デザイン
・エンジニアリングデザイン入門
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 40  %理解度と応用力を評価するために計算および記述式試験を行う。 
2試験:中間期 40  %理解度と応用力を評価するために計算および記述式試験を行う。 
3小テスト/レポート 20  %理解度と応用力を評価するために小テストまたはレポート課題を出す。 
[教科書]
  1. 安田進、片田敏行, 後藤聡, 塚本良道, 吉嶺充俊, わかる土質力学 220問, 理工図書, ISBN:978-4844606918
[参考書]
  1. 安田進、山田恭央、片田敏行, 大学土木 土質力学(改訂2版), オーム社, ISBN:978-4274216435
  2. 安川郁夫,今西清志,立石義孝, 絵とき土質力学 改訂3版, オーム社, ISBN:978-4-274-21459-2
  3. 山口柏樹, 土質力学(全改定), 技報堂出版, ISBN:4765513424
  4. 石原研而, 第2版 土質力学, 丸善, ISBN:4621049488
  5. 石原研而、木村孟, 土木工学体系 8 土質力学, 彰国社版, ISBN:4395400086
[講義項目]
<講義項目>
 1.ガイダンス(学習・教育目標、関連の説明、講義の進め方など)
 2.土の基本的性質に関する応用
 3.土の基本的性質に関する応用
 4.土の基本的性質に関する応用
 5.土の中の水に関する応用
 6.土の中の水に関する応用
 7.土の中の水に関する応用
 8.中間評価・総括・まとめ
 9.土の圧密に関する応用
10.土の圧密に関する応用
11.土の圧密に関する応用
12.土のせん断強さに関する応用
13.土のせん断強さに関する応用
14.土のせん断強さに関する応用
15.期末評価・総括・まとめ

予習:次回の講義内容について,教科書・演習書・資料をよく読んでおくこと.
復習:授業で行った例題・演習について,自力で解いておくこと.
[教育方法]
・講義により基本的な原理等を説明し、応用問題を解くことにより理解を深める。
・動画・写真等を多用して解説する。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
《土木環境工学科》
C.専門基礎学力
 社会基盤の設計・施工や環境保全技術を習得するための基盤として、構造力学、土木材料学、地盤工学、計画学、水理学及び環境工学などの専門基礎学力を身に付ける。
[その他]
本授業の科目は、以下のような位置づけである。
応用物理学 → 土質力学及び演習第一 → 土質力学第二