山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
エンジニアリングデザイン入門
吉田 純司/秦 康範
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TCE114 1 CE,CL 1 後期 IV
[概要]
本授業では,エンジニアリング・デザインについてものづくりの視点から,その概要と本学科での対応を学ぶ。ものづくりにあたるエンジニアの考え方やものの見方などを,失敗学の手法で明らかにする。また,土木環境工学分野の全体像と,細分化された個々の専門分野の相互関係を学ぶことにより,本学科のプログラムの構成をエンジニアリング・デザインの視点から明らかにする。
[具体的な達成目標]
[具体的な達成目標]
(1)ものづくりの流れを理解できる。
(2)ものづくりを多角的視点で理解できる。
(3)ものづくりに関わる組織の構成を理解できる。
(4)ものづくりと環境・社会との関係が理解できる。
(5)土木環境工学分野のプログラム構成が理解できる。
[必要知識・準備]
なし
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 50  %講義内容の理解度 
2小テスト/レポート 50  %課題に対する理解度 
[教科書]
  1. 畑村, 洋太郎, 失敗学のすすめ, 講談社, ISBN:406210346X
[参考書]
  1. なし
[講義項目]
第1回  授業概要
第2回  講義:「失敗学のすすめ」 第1章 失敗とは何か
第3回  講義:「失敗学のすすめ」 第2章 失敗の種類と特徴
第4回  講義:「失敗学のすすめ」 第3章 失敗情報の伝わり方・伝え方
第5回  講義:「失敗学のすすめ」 第4章 全体を理解する
第6回  講義:「失敗学のすすめ」 第5章 失敗こそが創造を生む
第7回  講義:「失敗学のすすめ」 第6章 失敗を立体的にとらえる
第8回  講義:「失敗学のすすめ」 第7章 致命的な失敗をなくす
第9回  講義:「失敗学のすすめ」 第8章 失敗を生かすシステムづくり
第10回 技術者に対するインタビュー
第11回 演習:身近な失敗を見つける
第12回 演習:身近な失敗を分析する
第13回 演習:身近な失敗から学ぶこと
第14回 模擬討論会
第15回 まとめ・期末期テスト

予習:教科書を読み、講義ノート(予習)にまとめる。
   課題が出ている回は、課題を行う。
復習:講義で学習した内容を踏まえ、教科書を読みなおす。
[教育方法]
講義と講義に関する小課題,演習および討論会を行う。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
《土木環境工学科》
G.計画立案・管理・実行能力
 社会基盤整備において、地域社会・自然との調和、コスト・資源の最適な運用、品質の保証など様々な要求に応えることのできる計画を立案・管理・実行する能力を身につける。
I.実務的遂行能力
 社会的、経済的、技術的及び環境的な制約条件のもとで、問題解決に最適な手法・技術を選択し、仕事を遂行する実務的な能力を身に付ける。
J.理論的な表現・伝達能力
 自分の思想やアイディアを具体的かつ理論的に表現し伝達する能力、及び共通の課題について他の人と議論し合理的な結論を導き出すことのできる能力を身に付ける。
[その他]
本講義の位置付け
エンジニアリングデザイン入門 → 各種専門科目 → エンジニアリングデザインI → エンジニアリングデザインII