山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
固体物理学
有元 圭介
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TAM303 2 (未登録) 3 前期 II
[概要]
固体物理学は、固体の電気的・機械的特性等を理解するために生まれた学問です。電磁気学・量子力学・熱統計力学を材料物性の分野に応用する手法と、固体物理学独自の方法論を習得することを目標とします。
[具体的な達成目標]
(1)結晶構造を説明できる。
(2)逆格子空間を説明できる。
(3)分子や結晶の成り立ちを説明できる。
(4)エネルギーバンドを説明できる。
[必要知識・準備]
電磁気学、初等量子論、振動・波動論、フーリエ解析の基礎知識を身につけていることが望ましい。統計力学も同時に受講すると理解の助けになる。
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 50  %理解度を評価します。 
2小テスト/レポート 50  %理解度を評価します。 
[教科書]
  1. 黒沢達美, 物性論 −固体を中心とした−(改訂版), 裳華房, ISBN:978-4-7853-2138-3
[参考書]
(未登録)
[講義項目]
(1)結晶構造と周期性
(2)波数空間
(3)量子力学
(4)分子結合イオン結合
(5)共有結合、金属結合
(6)格子振動
(7)格子比熱と熱伝導
(8)自由電子論
(9)エネルギーバンド(ほとんど自由な電子の近似)
(10)エネルギーバンド(原子に強く束縛された電子の近似)
(11)バンド理論の応用(金属と絶縁体)
(12)バンド理論の応用(電子のk空間での運動)
(13)電気伝導
(14)光学的性質
(15)磁性
[教育方法]
教科書に沿って講義を行う。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
(未登録)
[その他]
(未登録)