山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
量子力学演習
石川 陽
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TAM215 1 (未登録) 2 後期 II
[概要]
「初等量子論」および「量子力学」に関する演習問題を解くことで、量子力学の基本的な考え方を理解し、実際の問題で使えるようにする。
[具体的な達成目標]
・量子力学の基本的な考え方を理解する。
・数学手法と物理イメージの対応を理解する。
・量子力学の基本的問題を解くことができる。
・代表的な系のシュレーディンガー方程式を解くことができる。
・ブラケットと演算子の記法を理解する。
・波動関数とブラケット表記の関係を理解する。
[必要知識・準備]
微分積分学、線形代数学、常微分方程式、複素関数論。
「初等量子論」「量子力学」の講義を受講していることを前提とする。
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 40  %具体的な達成目標について到達度によって評価する。 
2小テスト/レポート 60  %具体的な達成目標について到達度によって評価する。 
[教科書]
(未登録)
[参考書]
  1. 小形正男, 量子力学, 裳華房, ISBN:9784785322298
  2. J. J. Sakurai, 現代の量子力学(上), 吉岡書店, ISBN:9784842703640
  3. 原田勲、杉山忠男, 量子力学I, 講談社, ISBN:9784061572065
  4. 清水明, 新版 量子論の基礎, サイエンス社, ISBN:9784781910629
  5. 「初等量子論」「量子力学」の講義テキスト・ノート。
[講義項目]
・前半は「初等量子論」の復習問題を解く。
・後半は「量子力学」の内容に関係する問題を解く。
・演習計画は講義の進行状況に合わせて適宜調整する。

第1回:物質波、波動関数、シュレーディンガー方程式
第2回:物質波、波動関数、シュレーディンガー方程式
第3回:一次元井戸型ポテンシャル
第4回:一次元井戸型ポテンシャル
第5回:一次元調和振動子
第6回:一次元調和振動子
第7回:ケット・ブラ、演算子、基底ケット
第8回:ケット・ブラ、演算子、基底ケット
第9回:観測、確率解釈
第10回:観測、確率解釈
第11回:不確定性関係
第12回:不確定性関係
第13回:角運動量
第14回:角運動量
第15回:総括評価・まとめ
[教育方法]
毎回の授業中に解いてもらう演習問題と小テスト、最後に実施する期末試験によって理解度の把握に努める。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
(未登録)
[その他]
(未登録)