山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
基礎工学実験I
武井 貴弘/米崎 功記/長尾 雅則/守谷 まゆみ/柳田 さやか
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TAM206 2 (未登録) 2 前期 III-1-V-1
[概要]
 材料は、無機系および有機系材料に大別されるが、それぞれ種々の化学組成や状態があり、それらの特性に応じた用途に使用されている。新たな材料を開発・デバイス化する際には、その材料の特性を正しく理解・分析する必要がある。本実験では、主に化学的な観点で重要な無機および有機材料に絞り、それらの作製と代表的なキャラクタリゼーションを実験する。
[具体的な達成目標]
 基本的な無機材料および有機材料の作製手法、化学的な分析手法、電池等の電気化学実験手法の4つを実習することを本実験のテーマとし、代表的な材料の合成とそのキャラクタリゼーションを経験することにより、一般的な材料の作製法や応用方法を理解するとともに、積極的に実験に取り組む姿勢を身に着けさせることを到達目標とする。
[必要知識・準備]
高校化学の習得と材料科学およびその実験に対する基礎的な知識
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 70  %実験内容の理解と実験結果 
2受講態度 30  %実験への関与度合い、出席など 
[教科書]
(未登録)
[参考書]
(未登録)
[講義項目]
第1回:ガイダンスと化学実験の基礎知識
第2回:ミョウバン結晶の合成
第3回:ミョウバン結晶の溶解度測定
第4回:電気化学的手法による陽極酸化膜の作製
第5回:陽極酸化膜の微細構造観察
第6回:無機蛍光体の作製
第7回:無機蛍光体の結晶構造と蛍光特性
第8回:ハイドロキシアパタイトの合成
第9回:ハイドロキシアパタイトイオン吸着特性
第10回:ポリアニリンの合成-1
第11回:ポリアニリンの合成-2
第12回:ポリアニリンの電気伝導度測定-1
第13回:ポリアニリンの電気伝導度測定-2
第14回:予備および補足の実験
第15回:総括評価:まとめ
[教育方法]
実験を通じて、材料科学の基礎を学ぶとともに、テーマごとのレポートにより、実験内容の理解を高める。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
(未登録)
[その他]
(未登録)