山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
化学平衡論
小川 和也
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TAM114 2 (未登録) 1 後期 III
[概要]
本講義では化学ポテンシャルの概念を展開し物質の状態平衡、相図、溶液化学、化学平衡、平衡電気化学について取り扱う。
[具体的な達成目標]
・相図の見方と物質の状態変化を理解する。
・化学平衡について化学ポテンシャルを用いて理解する。
・溶液の性質、活量を理解する。
・電気化学の基礎を理解する。
[必要知識・準備]
「熱力学」を修得しておくことが望ましい。
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 40  %授業理解力 
2試験:中間期 40  %授業理解力 
3小テスト/レポート 20  %授業理解力 
[教科書]
  1. アトキンス, 物理化学(上)第8版, 東京化学同人, ISBN:9784807906956
[参考書]
(未登録)
[講義項目]
第1回:化学平衡の基礎的事項と相       
第2回:相の安定性と相転移        
第3回:相境界の位置             
第4回:部分モル量                 
第5回:混合の熱力学                 
第6回:溶液の性質               
第7回:活量             
第8回:演習および解説
第9回:自発的な化学反応
第10回:平衡定数
第11回:外部条件に対する平衡の応答
第12回:半反応と電極
第13回:標準電位
第14回:標準電位の応用
第15回:総括・評価
[教育方法]
・プロジェクターを使用し、資料を配付する。
・毎回講義内容に関する小テストを行い理解を深める。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
(未登録)
[その他]
(未登録)