山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
入門化学I
佐藤 哲也/田中 功/熊田 伸弘/武井 貴弘/綿打 敏司/小川 和也/米崎 功記/長尾 雅則/柳田 さやか
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TAM106 3 (未登録) 1 前期 I-II
[概要]
高校の化学の範囲から、大学の一般化学の範囲を習得する導入的な授業である。身近にあり日常生活に不可欠な工業製品や、地球環境やエネルギーにおける化学の役割や重要性を理解する。また、化学の分野のトピックスを紹介し、種々の基礎実験(金属イオンの定性分析、化学反応熱の測定、分子模型、酸化還元、電池など)を通して「化学することの面白さ」を実感する。
[具体的な達成目標]
1)原子の構造と電子配置について理解する。
2)原子量と元素単体の物理化学的性質に見られる周期性を理解する。
3)化学反応や化学平衡の基本原理を理解する。
4)化学結合と物質構造について理解する。
5)気体の性質、溶液の性質を理解する。
6)酸化と還元、電子移動、エネルギーについて理解する。
7)現代社会における種々の課題(地球環境問題、エネルギー問題など)について考え、その背後にある化学の原理について理解する。
[必要知識・準備]
高校の化学基礎、化学に相当する基礎知識。
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 20  %授業理解力、論理的思考能力、問題設定/解決能力 
2試験:中間期 20  %授業理解力、論理的思考能力、問題設定/解決能力 
3小テスト/レポート 40  %授業理解力、知的好奇心と探求力、情報収集/整理力、問題設定/解決能力 
4受講態度 10  %授業理解力、自発的勉学 
5発表/表現等 10  %表現力 
[教科書]
(未登録)
[参考書]
  1. Peter Atkins・Loretta Jones・Leroy Laverman著、渡辺 正 訳, アトキンス 一般化学(上), 東京化学同人, ISBN:978-4807908547,
    (初版 2014/9 3456円)

  2. Peter Atkins・Loretta Jones・Leroy Laverman著、渡辺 正 訳, アトキンス 一般化学(下), 東京化学同人, ISBN:978-4807908554,
    (初版 2015/8 3456円)
[講義項目]
(講義)
第1回:ガイダンス、周期表(佐藤)
第2回:電子配置(佐藤)
第3回:前期量子論・原子の構造とスペクトル(佐藤)
第4回:分子の構造と化学結合(武井)
第5回:結晶構造(熊田)
第6回:化学反応と熱(綿打)  
第7回:反応速度、化学平衡(田中) 
第8回:酸と塩基(米崎)
第9回:気体・液体・固体、溶液 (米崎)
第10回:中間試験
第11回:地球環境と化学(佐藤)
第12回:酸化還元反応(長尾)
第13回:電気化学と電池(長尾)
第14回:核化学・エネルギー(佐藤)
第15回:総括・評価

(実験)
第1回:実験ガイダンス、実験ノート・レポートの書き方 (佐藤)
第2回:安全教育、ガラス器具・化学薬品の取扱、廃液 (佐藤・柳田)
第3回:炎色反応(佐藤・柳田)
第4回:分子模型(武井)
第5回:結晶構造を描く(熊田)
第6回:熱力学 (綿打)
第7回:結晶の成長と観察(田中)
第8回:酸化還元滴定(米崎)
第9回:定性分析 (米崎)
第10回:有機化合物の反応(アルコールの酸化反応)(小川)
第11回:有機化合物の反応(アスピリンの合成)(小川)
第12回:電気分解(長尾)
第13回:電池(長尾)
第14回:霧箱(佐藤)
第15回:総括・評価 
[教育方法]
授業は講義と実験の連続2コマの授業で構成されている。1コマ目の授業では物理化学、無機化学および有機化学の基礎について解説する。2コマ目の授業は、1コマ目の授業と関連した内容の入門的な化学実験を取り上げ、簡単な基礎実験を通じて、化学を実験機材の基本的な使用方法について学習し、化学の面白さを体験する。”アクティブラーニング”の学修方法により授業を進める。予習として参考書・資料等を事前に学習し、授業で課題について議論し理解を深める。また、課題に横たわる化学原理について整理し、課題演習や基礎実験を通じて化学の基礎を固める。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
(未登録)
[その他]
(未登録)