山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
数学演習I
則竹 史哉/渡辺 勝儀
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TAM101 1 (未登録) 1 前期 IV
[概要]
 微分積分学I及び微分積分学IIと平行して行う。上記の目標を達成するために、授業時間中も学生に自ら手を動かして演習問題を解いてもらう。演習問題には、担当教員が作成したものと教科書の章末問題を用いる。質疑応答や学生に板書してもらい添削することも行う。適宜レポートも課す。計算さえできれば良いというのではなく、基本的な概念を理解していないと解けない問題も扱う。
[具体的な達成目標]
 講義科目の微分積分学I及び微分積分学IIに対応した演習である。以下の項目について演習を行い、問題が解けるようになるとともに、微分積分学の基本的な概念や応用法の理解を深める。1変数関数について(1)関数の極限、(2)微分係数と導関数、(3)初等関数の微分、(4)関数の増減とグラフの概形、(5)初等関数の不定積分、(6)定積分の定義、(7)定積分の計算と応用、(8)関数の展開。2変数関数を主とする多変数関数について(1)関数の連続性と極限、(2)偏微分係数と偏導関数、(3)全微分、(4)2変数関数の極値、(5)2重積分と累次積分、(6)3重積分。
[必要知識・準備]
高校の数学IA、数学IIB、数学IIICを理解していること。
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 50  %2回の小テストで基本的な概念を理解しているか、典型的な問題を解けるかなどを問う。 
2受講態度 50  %毎回の演習の提出状況と態度 
[教科書]
  1. 矢野健太郎・石原繁編, 微分積分 改訂版, 裳華房, ISBN:4785310715
[参考書]
  1. 石原繁、浅野重初著, 理工系入門 微分積分学, 裳華房, ISBN:4785315180
[講義項目]
第1回:関数の極限・連続関数
第2回:微分の基本公式
第3回:初等関数の微分
第4回:微分の応用(関数の増減など)
第5回:不定積分の基本公式
第6回:初等関数の不定積分
第7回:定積分の定義と基本公式
第8回:定積分の計算と応用、小テスト(微分積分学Iの範囲)
第9回:関数の展開
第10回:2変数関数の極限と偏微分係数
第11回:偏導関数と全微分
第12回:2変数関数の展開及び極値
第13回:2重積分の定義と計算
第14回:2重積分と立体の体積及び曲面積、3重積分
第15回:微分方程式の導入、小テスト(微分積分学IIの範囲)
[教育方法]
自ら手を動かして演習問題を解き、解説をもとに自己採点した結果を毎回提出する。小テストを2回行う。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
(未登録)
[その他]
数学に関することなら何でも、「フィロス」で気軽に相談・質問して下さい。