山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
無機機器分析
川久保 進
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TAC311 2 (未登録) 3 前期 II
[概要]
無機成分の分析に広く用いられる、吸光光度分析法・蛍光分析法・化学発光法、原子スペクトル分析法(原子吸光法・フレーム分析法・発光分光法)、電気化学分析法、X線分析法、質量分析法、熱分析法を単元に分け、原理・装置・応用などを理解する。
[具体的な達成目標]
1.代表的な機器分析法の特徴を理解する。
2.様々な分析課題に対して適切な機器分析法を選択し、分析結果を正しく評価できる力を養う。
[必要知識・準備]
「基礎分析化学」及び「分析化学」をよく理解しておくこと。物理の基礎的知識を必要とする。
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 90  %単位毎の講義内容の理解度 
2受講態度 10  %積極的な講義参加(授業中の質疑応答)を観る。 
[教科書]
  1. 田中誠之・飯田芳男著, 「機器分析(三訂版)」, 裳華房, ISBN:478533133X
[参考書]
(未登録)
[講義項目]
  1.序論(1回)
  2.吸光光度分析法・関連分析法(2回)
  3.蛍光分析法・化学発光法(3回)
  4.原子スペクトル分析法(原子吸光法)(4回)
  5.原子スペクトル分析法(フレーム分析法・発光分光法・発光分光法)(5回)
  6.1章〜5章の小テスト(6回)
  7.電気化学分析法(電位差分析法・化学センサー法・電解重量分析法)(7回)
  8.電気化学分析法(電量分析法・ボルタンメトリー・電導度分析法)(8回)
  9.X線分析法(X線分析法の基礎)(9回)
 10.X線分析法(蛍光X線法・X線回折法)(10回)
 11.7章〜10章の小テスト(11回)
 12.質量分析法の原理(12回)
 13.質量分析法の装置(13回)
 14.熱分析法(熱重量測定法・示差熱分析法・示差走査熱量測定法)(14回)
 15.11章〜13章の小テストと総括(15回)
[教育方法]
(1) 単元ごとに演習小テストを実施し、学習した内容を確認しながら講義を進める。
(2)「出題傾向」を用意して演習小テストの出題内容のヒントを示し、理解度を深めるための自習ができるようにする。この他、小テストの解答例を「例題集」として示す。
(3) 指定した教科書の内容をまとめ、補ったものを資料として配布し、さらに投影し、講義に集中できるようにする。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
(未登録)
[その他]
1.理解を深めるために、図書館所蔵の分析化学に関する学習図書の利用を勧める。
2.特別な理由のない限り、再試験は実施しない。