山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
物理化学演習
柴田 正実/柳 博
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TAC301 1 (未登録) 3 後期 II
[概要]
 概要:基礎物理化学IとII、物理化学第一、第二の履修範囲について、要点の確認および演習問題を行い、その答案に対する解説を行う。
 目標:上記物理化学関係科目に関する演習問題を自ら解くことによって、物理化学の基礎をしっかりと身につける。
[具体的な達成目標]
1.理想気体、非理想気体について問題演習し、説明できる。
2.熱力学第一〜三法則について問題演習し、説明できる。
3.化学平衡について問題演習し、説明できる。
4.溶液について問題演習し、説明できる。
5.相平衡について問題演習し、説明できる。
[必要知識・準備]
 基礎物理化学IとII、物理化学第一、第二を履修していること。これらの授業内容についてよく復習し、理解を深めておくこと。
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 10  %理解度の確認 
2試験:中間期 30  %理解度の確認 
3小テスト/レポート 20  %レポート提出回数および内容 
4受講態度 10  %出席回数および受講態度を評価 
5発表/表現等 30  %発表の有無および発表内容 
[教科書]
  1. アトキンス物理化学(上)第8版, 東京化学同人, ISBN:9784807906956
  2. アトキンス物理化学(下)第8版, 東京化学同人, ISBN:9784807906963
[参考書]
  1. アトキンス物理化学 問題の解き方 第8版, 東京化学同人, ISBN:9784807906970
[講義項目]
1.概要説明
2.理想気体、非理想気体についての演習解答
3.熱力学第一法則についての演習解答
4.エンタルピーについての演習解答
5.まとめ及び理解度の確認
6.熱力学の第二法則についての演習解答
7.エントロピー変化、物質のエントロピーについての演習解答
8.まとめ及び理解度の確認
9.自由エネルギーについての演習解答
10.化学平衡についての演習解答
11.溶液についての演習解答
12.まとめ及び理解度の確認
13.相律と蒸気圧図、沸点図についての演習解答
14.二成分、三成分の固-液系と表面現象についての演習解答
15.総括評価・まとめ
[教育方法]
1.担当教員は、毎週、問題を出題する。
2.学生は、次週講義前日までにその解答を提出する。
3.担当教員は、チェック済みの解答を授業の始めに返却する。
4.学生は、授業中に自分の解答をプレゼンテーションする。(プロジェクターに映して、それを説明する。各自最低1回は発表する。)
5.発表した学生は、他の学生および担当教員からの質問を受け、これに答える。
6.担当教員は、補足説明をし、受講学生の理解を確認する。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
(未登録)
[その他]
(未登録)