山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
分析化学
川久保 進
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TAC210 2 (未登録) 2 前期 II
[概要]
分析化学は、調べたい試料にどのような物質が存在するのか(識別)と、その量はどのくらいか(計測、定量)を明らかにする学問分野です。例えば、環境汚染の程度や経路、環境への影響の評価、環境保全の対策は、すべて分析化学による識別と計測の結果がなければ議論できません。本講義では、基礎的で大切な定量分析の手法として化学平衡や酸化還元平衡を利用して定量する方法と、共存物質と分離する方法についての原理を単元に分けて理解します。この講義は、1年次で学んだ「基礎分析化学」の基礎とするため、その復習から始めます。そして、3年次の「応用化学実験I」で体験する分析の原理と関連させながら、物質を定量的に取り扱えるようにします。
※ 本授業科目は、「COCコース別専門科目」
[具体的な達成目標]
1.錯生成平衡を基にしてキレート滴定法を理解し、滴定曲線が予測できるようにする。
2.ネルンストの式を基にして酸化還元滴定法を理解し、滴定曲線が予測できるようにする。
3.液−液分配平衡を基にして溶媒抽出分離法の原理を理解する。
4.イオン交換平衡を基にイオン交換分離法の原理を理解する。
[必要知識・準備]
「基礎分析化学」の学習内容を基礎として講義を進めるので、本講義を履修する者は「基礎分析化学」を予め履修すること。また、本講義の内容を基礎として「応用化学実験I」を行うので、「応用化学実験I」を履修する者は本講義を予め履修すること。
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 90  %小テストは単元毎の講義内容の理解度(80%)、レポートは学習への積極的な取り組み(10%)を観ます。 
2受講態度 10  %出席状況、積極的な講義参加(授業中の質疑応答)を観る。 
[教科書]
  1. 「分析化学−溶液反応を基礎とする−」, 三共出版, ISBN:4782702809
[参考書]
(未登録)
[講義項目]
1.分析化学に関わる基礎理論の復習(1回、2回)
  1.1 基礎理論と有効数字と誤差の扱い(1回)
  1.2 小テスト(2回)
2.錯生成平衡とそのキレート滴定への応用
  2.1 キレート滴定法(3回)
  2.2 滴定曲線の予測(4回)
3.酸化還元平衡とその酸化還元滴定への応用
  3.1 酸化還元平衡の定量的取り扱い(5回)
  3.2 酸化還元平衡への影響因子(6回)
  3.3 酸化還元滴定法(滴定曲線の予測)(7回)
  3.4 2章と3章の小テスト(8回)
4.液−液分配平衡とその応用
  4.1 液−液分配平衡を利用するキレート抽出(9回)
  4.2 キレート抽出の定量的取り扱い(10回)
  4.3 溶媒抽出分離への応用(11回)
5.イオン交換平衡とその応用
  5.1 イオン交換体の種類と特性(12回)
  5.2 イオン交換平衡の定量的取り扱いと応用(13回)
  5.3 4章と5章の小テスト(14回)
6.総括(15回)
[教育方法]
(1) 単元ごとに演習小テストを実施し、学習した内容を確認しながら講義を進める。
(2)「出題傾向」を用意して演習小テストの出題内容のヒントを示し、理解度を深めるための自習ができるようにする。この他、小テストの解答例を「例題集」として示す。
(3) 指定した教科書の内容をまとめ、補ったものを資料として配布し、さらにOHPでも投影し、講義に集中できるようにする。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
(未登録)
[その他]
1. 特に参考書を指定しないが、講義内容の理解を深めるために、図書館所蔵の分析化学に関する学習図書の利用を勧める。
2. 特別な理由のない限り、再試験は実施しない。
3. 板書を映す時間が欲しい、詳しく説明して欲しいなど、希望や質問がありましたら、授業中に遠慮なく申し出て下さい。