山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
有機化学第一
小幡 誠
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TAC207 2 (未登録) 2 前期 IV
[概要]
有機化学第一ではカルボニル基を有する化合物(アルデヒド、ケトン、カルボン酸、カルボン酸誘導体)の化学の基礎を身につける。
[具体的な達成目標]
カルボニル基の基本的な反応(求核付加反応、求核アシル置換反応、α置換反応、カルボニル縮合反応)の反応機構の理解し、カルボニル基を有する化合物の性質、合成および反応に関する問題を解くことができるようになる。
[必要知識・準備]
基礎有機化学IとIIの内容を理解していることが必要である。
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 40  %エノラートイオンを含むカルボニル基の化学に関する理解度 
2試験:中間期 40  %カルボニル基の化学に関する理解度 
3小テスト/レポート 20  %講義内容の理解度 
[教科書]
  1. マクマリー有機化学(上)、(中)、(下), 東京化学同人, ISBN:978-4807908097
[参考書]
(未登録)
[講義項目]
第1回 有機化学の学習に必要な基礎的事項の確認(元素の性質、pKa、構造式の書き方など)
第2回 カルボニル基の化学1(アルデヒド・ケトンの命名法、構造と性質)
第3回 カルボニル基の化学2(アルデヒド・ケトンの合成法)
第4回 カルボニル基の化学3(アルデヒド・ケトンの反応1)
第5回 カルボニル基の化学4(アルデヒド・ケトンの反応2)
第6回 カルボニル基の化学5(カルボン酸と誘導体の命名法、構造と性質)
第7回 カルボニル基の化学6(カルボン酸と誘導体の合成法)
第8回 カルボニル基の化学7(カルボン酸と誘導体の反応1)
第9回 カルボニル基の化学8(カルボン酸と誘導体の反応2)
第10回 中間評価(カルボニル基の化学)・まとめ
第11回 エノラートイオンの化学1(カルボニルα置換反応序論)
第12回 エノラートイオンの化学2(エノラートイオンを利用する炭素−炭素結合生成)
第13回 エノラートイオンの化学3(アルドール縮合、その他関連反応)
第14回 エノラートイオンの化学4(クライゼン縮合、その他関連反応)
第15回 総括評価・まとめ
[教育方法]
講義内容に関する小テストを行い、重要な事柄・概念が理解できているか確認する。小テスト、中間評価および総括評価の結果に基づき評価を行う。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
(未登録)
[その他]
事前に講義資料を配布するので、あらかじめ予習して講義に出席すること。