山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
化学実験
高嶋 敏宏/谷 和江/米山 直樹/矢崎 晃平/宮澤 雄太
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TAC204 2 (未登録) 2 後期 III-IV
[概要]
ここで履修する「化学実験」は、広範囲な化学の領域(物理化学・分析化学・無機化学・有機化学など)を網羅し、化学に関する基礎的な知識と基本的な実験技術とが習得できるようにテーマを厳選した。1年次で学んだ基礎化学の授業科目と組み合わされて”化学的センス”が涵養される。また、これから学ぶ基礎工学、応用工学の分野において、”科学的基礎学力”として役にたてることができる。
 実験は、できるだけ1人で行えるように、実験器具と試薬を準備しているが、高価な装置を使用する実験や協力が必要な実験では、2人あるいは3人がグループを組んで行うものもある。
[具体的な達成目標]
1)化学における基本操作を習得する。
2)化学的事物・現象について、正しい観察。実験の進め方を習得する。
3)化学的事物・現象について、化学的に探究する態度と能力を身につける。
4)化学的事物・現象について、定量的概念を身につける。
[必要知識・準備]
1年次で開講されている基礎化学系科目、2年次前期の安全環境化学を履修していることが望ましい。
 実験中の怪我や実験の失敗をさけるため、必ず予習する。「化学実験指導書」を熟読し、特に操作上の注意点を理解しておく。実験室内では、保護めがねと白衣を着用する。特に、保護めがねを着用していなものは入室できない。
 定規、物差し、電卓、筆記用具、手拭き用タオルを携帯する。
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 90  %実験テーマの予習課題40%、実験結果50% 
2受講態度 10  %実験態度 
[教科書]
  1. 化学実験指導書,化学実験レポート
[参考書]
  1. イラストで見る化学実験の基礎知識, 丸善株式会社, ISBN:9784621073872
  2. 研究室で役立つ有機実験のナビゲーター, 丸善株式会社, ISBN:4621077112
[講義項目]
  1.化学実験安全教育を行う。これを受講しないものは、以降の実験実習を履修で
    きない。(第1週)
  2.分子の電子スペクトルと分子構造 (第2-13週)
  3.溶液の凝固点降下 (第2-13週)
  4.反応速度と活性化エネルギー (第2-13週)
  5.ヨウ素時計反応の反応次数 (第2-13週)
  6.金属イオンの反応と検出 (第2-13週)
  7.容量分析-標準液の調製と酸塩基滴定- (第2-13週)
  8.容量分析法による溶解度・溶解度積の測定 (第2-13週)
  9.吸光光度法による銅(II)イオンの定量 (第2-13週)
 10.アセトアニリドの合成と精製 (第2-13週)
 11.染料用アゾ化合物の合成と染色 (第2-13週)
 12.有機化合物の融点と混融試験 (第2-13週)
 13.分子模型による異性体の立体構造観察 (第2-13週)
 14. 補習実験 (第14週)
 15.総括評価 (第15週)
[教育方法]
・実験の目標をよく理解させるため、予習を徹底させている。
・実験の操作や手順を理解させるため、予習課題や実験計画ノートの作成を義務化している。
・未知試料を与え、各自の習熟度・理解度を自己評価できるようにしている。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
(未登録)
[その他]
化学実験担当者の編集による「化学実験指導書」をテキストとして使用する。この「化学実験指導書」には「実験レポート」が組み合わされている。「実験レポート」には、"予習課題”と”実験結果”があり、毎週、実験テーマごとに、切り離して提出する。実験は、グループでローテーションするので、講義項目の順番で行うものではない。