山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
微分方程式I
本田 建
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TAC201 2 (未登録) 2 前期 III
[概要]
理工系学部卒業生として必要最小限の知識である、常微分方程式の解法について学習する。具体的には、1階の常微分方程式の求積法、高階線形常微分方程式における基本定理、及び定数係数線形微分方程式に関する解析的な解法を理解し、工学上の典型的な実際例について応用する。
[具体的な達成目標]
上記の概要に記載された、1階の常微分方程式の各種の求積法、高階線形常微分方程式における基本定理とその証明、および定数係数線形微分方程式に関する解析的な解法を理解することを目標とする。また、関連する多くの実用例題が処理できることも目標である。
[必要知識・準備]
高校の数学の知識、微分積分学、線形代数学
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 40  %基礎理論の理解力、計算能力、応用問題の処理能力を評価する 
2試験:中間期 30  %基礎理論の理解力、計算能力、応用問題の処理能力を評価する 
3小テスト/レポート 15  %理解度を評価する 
4受講態度 15  %受講態度および質問への理解度を考慮し評価する 
[教科書]
  1. 小平 平治, テキスト 微分方程式, 共立出版株式会社, ISBN:320-01826-5 C3041
[参考書]
(未登録)
[講義項目]
1.ガイダンス、微分方程式の第一歩
2.微分方程式の基礎概念
3.変数分離形の微分方程式(1)
4.変数分離形の微分方程式(2)
5.1階線形の微分方程式(1)
6.1階線形の微分方程式(2)
7.中間試験
8.完全微分形の微分方程式(1)
9.完全微分形の微分方程式(2)
10.2階同時線形微分方程式
11.定数係数2階線形微分方程式
12.非同時線形微分方程式(1)
13.非同時線形微分方程式(2)
14.第8回目から第14回目の演習
15.期末試験
[教育方法]
常微分方程式の解法を説明し、例題をなるべく多く解く。基本的な形の微分方程式の解法を理解を習得できるように小テスト形式で演習を実行する。実用例を多く挙げ計算技術を習熟する。ノートをとる。聞き流しの講義にしない。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
(未登録)
[その他]
(未登録)