山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名
担当教員
入門物理学
大内 英俊
時間割番号
単位数
コース
履修年次
期別
曜日
時限
TAC103 1 (未登録) 1 前期 II
[概要]
高校で物理学を履修しなかった学生のレベルを念頭に置きながら、物理学の基本的な考え方、問題設定とその解法等について、主として物理学の一分野である力学を例として解説する。
[具体的な達成目標]
力学の基礎法則の意味を理解する。具体的な問題にそれらを適用して解を見出すプロセスを習得する。また、そのプロセスは必ずしも一通りではないことを理解する。
[必要知識・準備]
高校理数系レベルの数学の素養が必要である。とくに、ベクトル演算と微積分学については、高校終了程度のレベルを期待する。
[評価方法・評価基準]
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 40  %授業の理解度 
2試験:中間期 40  %授業の理解度 
3小テスト/レポート 10  %演習レポートによる復習の成果 
4受講態度 10  %演習における積極性 
[教科書]
  1. Raymond A. Serway著  松村博之訳, 科学者と技術者のための物理学 Ia 力学・波動, 学術図書出版社, ISBN:978-4-87361-074-0
[参考書]
(未登録)
[講義項目]
第 1回:序論、物理学の対象、物理学と測定、力学とは
第 2回:ベクトル、数学と物理学の関係、ベクトル演算
第 3回:1次元の運動(1)速度、加速度
第 4回:1次元の運動(2)等加速度運動、自由落下
第 5回:2次元の運動(1)変位、速度、加速度ベクトル
第 6回:2次元の運動(2)発射体の運動、等速円運動
第 7回:運動の法則、力のつり合い、力と運動、作用反作用の法則、摩擦
第 8回:中間評価、総括とまとめ
第 9回:円運動とニュートンの法則の適用例、抵抗力のある物体の運動
第10回:仕事とエネルギー(1)エネルギーの概念、ばねの力とエネルギー
第11回:仕事とエネルギー(2)運動エネルギー、仕事率
第12回:エネルギー保存則、力学的エネルギーの保存
第13回:運動量と衝突(1)、力積、運動量の保存
第14回:運動量と衝突(2)、1次元の衝突、2次元の衝突
第15回:評価、総括とまとめ
[教育方法]
なるべく具体的な例題を提示し、その解法を示しながら概念の習得に努める。また、学生自身の自発的学習を促す。
[JABEEプログラムの学習・教育目標との対応]
(未登録)
[その他]
(未登録)