山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 観光政策論
時間割番号 LST223
担当教員名 菊地 淑人
開講学期・曜日・時限 前期・火・III 単位数 2
<対象学生>
2年生以上
<授業の目的および概要>
 観光に対する社会的需要の高まりとともに、その政策に果せられた役割も増大している。本講義では、資源マネジメントも含めた広義の観光政策の現状と課題について、具体的な事例を交えて検討する。具体的には、(1)観光政策の動向と課題、(2)地域資源の保全と観光まちづくりへの展開、(3)観光計画の役割と策定の考え方について学ぶことで、観光政策・観光資源マネジメントの基礎知識を習得するとともに、観光政策及び観光関連計画立案に求められる考え方の基礎を理解する。
※本科目は、「COC+ツーリズムコース専門科目」である。
<到達目標>
1)観光政策の動向及び課題について、具体的イメージを伴って理解する。
2)地域資源の保全継承のための法制度及びまちづくり、観光地づくりへの展開について理解する。
3)観光政策・計画の意義や策定の考え方・手法について、その基本を理解する。
<授業の方法>
 スライド、映像等を用いた講義形式を基本に進める。なお、毎回の授業では、講義内容に対する自らの考え方・質問・感想等をリアクションペーパーにまとめる時間を設け、その提出を求める。一部の回では、講義内容に関連する演習と発表・合評を行い、実践的な能力を身につける。詳細は初回授業時に説明する。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 50  %講義内容の理解度、事象に対する論理的分析力 
2受講態度 20  %講義に対する意欲と関心/講義内容に対する課題意識 
3発表/表現等 30  %演習作業、講義内容の理解度 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
・「観光政策科学概論」を履修済であることが望ましい。
・『観光白書』は紙媒体あるいはデジタル媒体で随時参照できることが望ましい(紙媒体は書店にて購入可能。デジタル媒体は国土交通省ウェブサイトから入手可能)。
・問題意識をもって観光地を訪れる、あるいは関連する報道に注目するなど、観光関連の動向にアンテナを張り巡らすよう努めてほしい。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
  1. 観光庁, 観光白書 平成28年版, 昭和情報プロセス, ISBN:978-4-907343-09-5,
    (
    国土交通省ウェブサイトからデジタル版を入手可能)

  2. 西村幸夫編, 観光まちづくり―まち自慢からはじまる地域マネジメント, 学芸出版社, ISBN:978-4761531683
<授業計画の概要>
1 ガイダンス:地域づくり/観光地づくりと政策 
2 日本の観光政策(1)
3 日本の観光政策(2)
4 日本の観光政策(3)
5 諸外国の観光政策/地域資源の保護・継承とそれを活かした観光まちづくり(1)
6 地域資源の保護・継承とそれを活かした観光まちづくり(2)
7 地域資源の保護・継承とそれを活かした観光まちづくり(3)
8 地域資源の保護・継承とそれを活かした観光まちづくり(4)
9 歴史資源を活かした地域づくり・観光地づくり:山梨県甲州市の事例
  (ゲストスピーカー(市担当職員)による講義とディスカッション)
10 観光計画の意義と方法/観光計画策定の実際(1)
11 観光計画策定の実際(2)
12 市町村策定観光計画の分析演習/発表
13 観光政策立案演習(1):SWOT分析ほか
14 観光政策立案演習(2)/合評
15 まとめ/試験