山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 簿記学
時間割番号 LSS313
担当教員名 小倉 公一
開講学期・曜日・時限 前期・月・IV 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
企業の経済活動を記録・計算・整理・報告する方法の基礎を学び、実際に簿記処理を行う技術を身につける。
<到達目標>
・簿記の基礎概念について理解する
・取引の処理(仕訳、転記)と決算の手続について理解する。
<授業の方法>
簿記の初学者を対象とする。指定テキストを使用して授業を行う。また、授業の中で小テストを実施する。必要な場合には、補助プリント、記帳練習用プリントを配布する。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 80  %筆記試験を実施する。取引の処理と決算の手続(決算予備手続、決算本手続、決算報告)について理解度を確認する。 
2小テスト/レポート 20  %小テストによって各パートごとの理解度を確認する。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
1.テキストの熟読と練習問題によるトレーニングを中心に予復習(各1時間)すること。
2.簿記学は学習の積み重ねが必要な科目である。途中で欠席するとその後の授業内容の理解が困難になる場合があるので、欠席しないように心がけること。
3.電卓(できれば12桁)を毎回持参すること。
<テキスト>
  1. 政岡光宏, 初めて学ぶ簿記, 中央経済社, ISBN:978-4-502-03280-6
<参考書>
  1. 渡部裕亘/片山覚/北村敬子, 検定簿記ワークブック3級商業簿記, 中央経済社, ISBN:9784502210013,
    (自習用の問題集)
<授業計画の概要>
第1回:簿記の意味と目的
第2回:簿記の基礎概念(1)(資産、負債、資本(純資産)と貸借対照表)
第3回:簿記の基礎概念(2)(収益・費用と損益計算書)
第4回:取引(簿記上の取引、取引の分解)
第5回:仕訳(1)(仕訳の意味)
第6回:仕訳(2)(商品販売業の仕訳例)
第7回:仕訳(3)(商品販売業の仕訳例)
第8回:転記
第9回:決算(1)(決算予備手続)
第10回:決算(2)(決算予備手続)
第11回:決算(3)(決算本手続)
第12回:決算(4)(決算本手続)
第13回:決算(5)(決算報告手続)
第14回:総合問題演習
第15回:総括評価:まとめ