山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 食料問題とグローバル経済
時間割番号 LSS312
担当教員名 渡邊 幹彦
開講学期・曜日・時限 前期・木・II 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
国際貿易や国際金融、世界の食糧生産に関する基礎知識を確認するとともに、第二次世界大戦後の日本経済の展開を、変動相場制への移行や旧社会主義圏の崩壊など経済の国際化・グローバル化の流れの中で理解する。あわせて、国際的な視野のもとに、国際制度、経済のグローバル化が抱える問題、環境との関連などについて分析する視点についても学習する。
<到達目標>
学生は、本科目での学習を通じて、以下のような目標に到達することが期待される。
1) グローバル経済の現状を理解する。
2) 国際経済の理論を説明できる。
3) 食料生産の基礎知識を理解できる。
4) グローバル経済、食料問題、環境問題の関係を理解する。
<授業の方法>
講義
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 70  %グローバル経済、国際経済、食料問題、環境問題に関係するレポートの提出を求める。 
2受講態度 30  %アンケートの回答内容で評価する 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
現在社会に生きる人にとって、グローバル経済を知ることは必須である。国境を越えて、物(財)と人(人的資本)とお金(資本)がどのような関係にあり、また、それを分析するにはどのような視点があるのかを学ぶことは、必ず役に立つ。また、物の生産と消費は、環境問題とは無縁ではなく、環境問題は、食料問題と無縁ではない。これらの関係を知ることも現代社会で生きるためには必須である。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
  1. 井川一宏・林原正之・佐竹正夫・青木浩司編著, 基礎 国際経済学, 中央経済社, ISBN:4-502-64043-3
  2. 澤田康幸, 基礎コース 国際経済学, 新世社, ISBN:4-88384-061-1
  3. 野口旭, グローバル経済を学ぶ, ちくま新書, ISBN:978-4-480-06363-2
<授業計画の概要>
第1回:ガイダンスと現在のグローバル経済の現状
主な内容:
1) 履修のガイダンス
2) 科目全体の考え方
3) グローバル経済の指標 − 世界銀行による指標
4) アジアの経済発展と日本

第2回:グローバル経済の現状と歴史的背景
主な内容:
1) イギリスの覇権からアメリカの覇権
2) 戦後の通商体制 GATT=WTOとIMF
3) 地域統合
4) 新興国経済 NIESとBRICs


第3回: 食料問題の現状と基礎理論
主な内容:
1) 世界の食料が抱える問題
ミルストーン他(2009)
2) 食料経済学
日暮(2002)、時子山他(2003)
3) フードシステム
農水省資料
4) 食料供給を悪化させる問題
ミルストーン他(2009)
5) TPPを考える(広くグローバル経済との関連を考える)
 
第4回:環境問題全般と食料と関係が深い環境問題 1
主な内容:
1)環境問題の分類と理解
2)代表的な環境問題
3)気候変動
4)森林減少

第5回:環境問題全般と食料と関係が深い環境問題 続き1
主な内容:
1)代表的な環境問題
2)森林減少

第6回:環境問題全般と食料と関係が深い環境問題 2
主な内容:
1) 生物多様性と生物資源
2) 名古屋議定書直前の状況にかんするビデオ


第7回:環境問題全般と食料と関係が深い環境問題 2
1)生物資源に関する動画の鑑賞

第8回:食料と環境問題に関するユニークな視点
− 遺伝子組み換え作物
主な内容:
1) 遺伝子組み換え生物とは
2) 遺伝子組み換え作物の実態
3) 遺伝子組み換え作物に関するビデオ鑑賞


第9回:国際経済の理論1:
主な内容:
1) 貿易の便益
2) リカード・モデル

第10回:国際経済の理論2
主な内容:
1) 貿易の便益続き
2) ヘクシャー=オリーン・モデル

第11回:国際経済の理論3
主な内容:
1) 規模の経済に基づいた貿易
2) 集積の発生と空間

第12回:国際経済の理論 4
主な内容:
1) 貿易政策
2) 貿易政策の効果
3) 保護貿易のメリットとデメリット

第13回:国際経済の理論 5
主な内容:
1) 生産要素の国際移動
2) 企業の海外進出
3) 海外直接投資

第14回:国際経済の理論6
主な内容
1)国際収支(再考)
2)国際金融システム(変動相場制と固定相場制)
3)債務危機と通貨危機
4)日本の経験


第15回:まとめ
主な内容
1)レポートに基づきディスカッション