山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 地域社会システム学セミナーI
時間割番号 LSS301 A
担当教員名 石塚  迅
開講学期・曜日・時限 前期・金・VI 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
担当教員を一人選択し、その教員の指導の下に学生自身の研究成果の発表や国内外の新しい情報を収集・整理したものの発表を行い、それに関する討論を実施する。卒業研究の実施に必要な論文作成能力・プレゼンテーション能力・英語文献読解力を習得することを目的とする。
<到達目標>
法律学、とりわけ憲法・人権に関する文献の購読、受講生の報告に基づく質疑応答・討論を通じて、各受講生が自らの問題意識を明確にし、課題を発見し、発見したテーマに沿って自分の意見を論証しうるように指導する。

1)法律学についての理解を深める。
2)様々な政治・経済・社会問題を法的な視点から分析しその解決を図るという法的思考力を養成する。
3)「地域社会システム学演習」に進むために、文献の読解、資料の収集・分析、レジュメ・論文の作成等について基本的な方法を習得する。
<授業の方法>
演習形式で行う。法律学(憲法・人権)に関する文献を輪読する。受講生の報告、および作成したレジュメに基づき、質疑応答・討論する。
受講生は、指定した文献、および自らの興味関心に沿って、数回の報告義務、および学期末レポートの作成義務を負う。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 30  %学期末レポート。記憶力よりも思考力を重視する。 
2受講態度 30  %授業への参加意欲(授業中課題、授業中の発言等)。 
3発表/表現等 40  %文献の読解、資料の収集・分析、レジュメの作成。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
法律学についての基礎・専門知識を修得したい者、日常生活の中で様々な政治・経済・社会問題に興味をもっている者の受講を歓迎する。「条文を覚える授業」ではなく、「条文から考える授業」を目指すので、肩の力を抜いて積極的に授業に参加してほしい。自由な発想、柔軟な思考に期待している。
受講生の興味関心に最大限配慮したい考えているので、輪読したい文献、討論したいテーマ等、希望・要望があれば遠慮なく申し出てほしい。
<テキスト>
  1. 受講生と相談の上、決定する。
<参考書>
  1. 山下純司・島田聡一郎・宍戸常寿, 法解釈入門 ― 「法的」に考えるための第一歩―, 有斐閣,2013年, ISBN:9784641125636
  2. 新井誠・小谷順子・横大道聡編著, 地域に学ぶ憲法演習, 日本評論社,2011年, ISBN:9784535518452
  3. 水島朝穂・金澤孝編, 憲法裁判の現場から考える, 成文堂,2011年, ISBN:9784792305239
  4. 米沢広一, 憲法と教育15講(第3版), 北樹出版,2011年, ISBN:9784779302688
  5. その他は、授業時に随時紹介する。
<授業計画の概要>
第01回:ガイダンス
第02回:方法論についての講義
第03回〜第08回:文献の購読(受講生の発表に基づき、質疑応答・討論)
第09回〜第14回:課題の発見(受講生の発表に基づき、質疑応答・討論)
第15回:まとめ(総括)

※受講生の興味関心に応じて、授業内容・進行については弾力的に対応したい。
 講義室の問題がなければ、法律学に関する視聴覚教材も使用したいと考えている。