山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 環境政治論
時間割番号 LSS230
担当教員名 金  基成
開講学期・曜日・時限 後期・火・II 単位数 2
<対象学生>
地域社会システム学科及び環境科学科の学生(2年生)
<授業の目的および概要>
 この授業の目的は持続可能な社会(sustainable society)のあり方及び関連する諸論点について理解することである。第1回から第11回までの授業は講義の形で進められる。講義を通じては、フレーム比較、政策転換、社会運動論、政党政治論、民主主義論の観点から、持続可能な社会のあるべき姿について多角的な検討が行われる。第12回から第15回までの授業は受講生による発表と質疑応答が行われる。この期間中には、持続可能な社会に関する専門書,文学作品,政策事例,取り組みの事例などを叩き台とし、受講生一人ひとりによる発表と全体討論が行われる。毎年、地域社会システム学科及び環境科学科の学生約40人がこの授業に参加し、活発な意見交換を行っている。関心のある人の参加を期待する。
<到達目標>
・持続可能な社会のあり方に関する基本知識を会得する。
・政治、経済、社会、国際的なイシューを持続可能な社会の観点から理解する。
・主権者市民として欠かせない社会正義の感覚及びエコロジー的感受性を養う。
<授業の方法>
講義並びに学生による発表及び討論。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 50  %基本概念、理論、講義内容などの理解度を総合的に評価する。 
2発表/表現等 50  %分析力、論理的、プレゼンテーション力などを総合的に評価する。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
・関連文献を多読しましょう。
・気楽に討論に加わりましょう。
<テキスト>
  1. 授業の時に紹介する。
<参考書>
  1. 地球の政治学―環境をめぐる緒言説―, 風行社, ISBN:9784938662905
  2. 地球環境問題の政治学―日本・ドイツ・アメリカ―, 岩波書店, ISBN:9784000238434
  3. 戦後日本公害史論, 岩波書店, ISBN:9784000259842
  4. その他、授業の時に紹介する。
<授業計画の概要>
1.持続可能な社会とは
2.フレーム分析の観点(1)
3.フレーム分析の観点(2)
4.政策転換の観点(1)
5.政策転換の観点(2)
6.社会運動論の観点(1)
7.社会運動論の観点(2)
8.政党政治論の観点(1)
9.政党政治論の観点(2)
10.民主主義論の観点(1)
11.民主主義論の観点(2)
12.発表と討論(1)
13.発表と討論(2)
14.発表と討論(3)
15.発表と討論(4)