山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 民法I
時間割番号 LSS220
担当教員名 稲田 和也
開講学期・曜日・時限 前期・水・I 単位数 2
<対象学生>
地域社会システム学科2〜4年生
<授業の目的および概要>
民法は、個人の財産や取引、家族関係など社会生活全般に関連する事項を定める法律であって、市民社会における基本的かつ身近な法律です。また、民法は各種の民事法・商事法の基本法的な地位にあり、これら諸法にその前提となる概念を提供しています。「民法1〜3」では、このような性格を有する民法の基本的概念や思考方法を学習し、今後の発展的学習につなげる。
特に、最も基本的な財産の一つである不動産をめぐる法律制度・法律関係を中心に論じることになります。この不動産は経済学や経営学でも重要な財とされており、その法的な性質を理解することが有益です。
本講義は平成27年度以前入学の学生向け「民法総論」の読み替え講義となっています。
<到達目標>
民法の基本的な概念である「人」「物」「契約(意思表示)」のうち、「人」と「物」−特に不動産−に関する権利やその取引について、正確な理解をすること。具体的には、民法の条文を正確に引用し、具体的な例をあげてその説明できるようになること。
<授業の方法>
講義形式で行います。
1.教科書の第1部(i、ii)、第2部第1章(iiiを除く)、第2章の部分が対象です。
2.教科書および六法持参の前提で講義をします。
3.講義中自ら考える習慣や復習のために問答式の双方向のやり取りを適宜導入する予定です。。
4.ノートの整理等の復習がなされていることを前提として講義を進行します。また、特に予習を求める場合は講義中に指示します。
5.講義中に小テスト5回程度を実施する予定です。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 60  %法律制度に関する知識とともに、法的思考の適切さを問います。 
2小テスト/レポート 40  %小テストでは法律制度に関する知識を問います。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
本講義では、民法の基本的な概念と所有権等の物権を取り上げて講義します。
学生にとっては、不動産は縁遠い存在かもしれません。しかし、将来自宅を購入する、相続をする、あるいは企業で工場等を取得するなど、社会生活の様々な場面で登場してきます。また、民法は不動産を前提に構成されている条文も多く、民法学習には不可欠な概念ですので、理解を深めるようにしてください。
<テキスト>
  1. 近江幸治, 民法講義0 ゼロからの民法入門, 成文堂, ISBN:978-4-7923-2618-0,
    (講義開始までに最新版が出た場合は、最新版を使用します。 民法2、民法3と共通の教科書です。)

  2. ・六法(コンパクト版)を持参すること。
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
第1回:ガイダンス。民法の全体像(編別のしくみ、民法の歴史等)
第2回:民法の基礎概念1(民法上の人とその能力)
第3回:民法の基礎概念2(制限行為能力者制度)
第4回:民法の基礎概念3(代理・法人制度)
第5回:民法の基礎概念4(民法上の物)
第6回:民法の基礎概念5(民法の基本理念)
第7回:所有権1(所有権の意義やその取得原因)
第8回:所有権2(相隣関係と所有権の限界)
第9回:所有権3(共有、区分所有権)
第10回:所有権4(不動産売買と登記制度)
第11回:所有権5(動産売買と対抗要件)
第11回:共益物権(地上権・地役権・不動産賃借権)
第13回:不動産の賃貸借(借地借家法を中心とする不動産の賃貸借契約)
第14回:農地(農地法を中心に農地をめぐる法律)
第15回:まとめ

なお、学制諸君の理解度、興味に応じて、上記予定を変更する場合がある。