山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 統治機構論
時間割番号 LSS218
担当教員名 石塚  迅
開講学期・曜日・時限 前期・火・III 単位数 2
<対象学生>
生命環境学部地域社会システム学科2年生(以上)、および本科目の内容に関心をもつ者すべて
<授業の目的および概要>
「権利の保障が確保されず、権力の分立が定められていないすべての社会は、憲法をもたない」とかつて「フランス人権宣言」が謳ったように、憲法の統治機構と人権保障とは密接不可分の関係に立つ。本講義では、人権保障との関連を意識しつつ、日本国憲法の統治機構について学習する。具体的には、国民主権・権力分立といった統治機構の基本理念、立法・行政・司法の制度設計および現実の運用、憲法改正、平和主義と国際貢献を扱う。
<到達目標>
1)日本国憲法が定める統治機構について、基礎・専門知識を修得する。
2)日本国憲法が定める統治機構が制度上・運用上抱える問題点を理解し、その改善方法を探る思考力を養成する。
<授業の方法>
講義形式で行うが、随時、質疑応答と討論の時間も設けたい。受講生の興味関心に最大限配慮する。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 50  %中間期または期末期に1回。記憶力よりも思考力・発想力を重視する。 
2小テスト/レポート 30  %中間期または期末期に1回。知識の定着を問う。 
3受講態度 20  %授業中の質疑応答および課題。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
憲法・人権についての基礎・専門知識を修得したい者、日常生活の中で様々な政治・経済・社会問題に興味をもっている者の受講を歓迎する。「憲法」が「嫌法」にならないよう、感性に訴える授業を目指したい。授業での分かりにくい点や授業で取りあげてほしいテーマ等、希望・要望があれば遠慮なく申し出てほしい。
「統治機構論」と「日本国憲法」(全学共通教育科目)を併せ受講すれば、憲法(日本国憲法)の全体像を理解・把握することができる。
<テキスト>
  1. 松井茂記, 日本国憲法を考える(第3版), 大阪大学出版会,2014年, ISBN:9784872594720
<参考書>
  1. 初宿正典他編著, 目で見る憲法(第4版), 有斐閣,2011年, ISBN:9784641131040
  2. 渋谷秀樹・赤坂正浩, 憲法2統治(第6版), 有斐閣,2016年, ISBN:9784641220683
  3. 初宿正典・高橋正俊・米沢広一・棟居快行, いちばんやさしい憲法入門(第5版), 有斐閣,2017年刊行予定, ISBN:9784641220911
  4. 笹田栄司・原田一明・山崎友也・遠藤美奈, トピックからはじめる統治制度―憲法を考える―, 有斐閣,2015年, ISBN:9784641131880
  5. その他は、授業時に随時紹介する。
<授業計画の概要>
第01回:ガイダンス
第02回:統治機構の原理(権力分立)
第03回:国民主権(主権の意味、憲法制定権力)
第04回:選挙と政党(選挙の諸原則、選挙制度、議員定数不均衡問題)
第05回:国会(1)(国会の地位・組織、二院制)
第06回:国会(2)(国会と議院の権能、立法過程、予算、国政調査権)
第07回:内閣(議院内閣制、内閣の地位・組織・権能、衆議院の解散)
第08回:裁判所(1)(司法権の意味、裁判の仕組み)
第09回:裁判所(2)(司法権の独立、司法権の限界)
第10回:裁判所(3)(違憲審査権、憲法保障)
第11回:平和主義(1)(憲法第9条と自衛隊をめぐる議論)
第12回:平和主義(2)(国際貢献、戦後補償)
第13回:憲法改正を考える
第14回:調整日(受講生の興味関心・リクエストに応じて取りあげるテーマを決める)
第15回:まとめ(総括)

※受講生の興味関心に応じて、授業内容・進行については弾力的に対応したい。
 講義室の問題がなければ、憲法学に関する映画・ビデオを鑑賞したいと考えている。
 可能であれば、ゲストスピーカーによる講演や地方議会の見学も実施したい。