山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 政治学概論
時間割番号 LSS216
担当教員名 金  基成
開講学期・曜日・時限 前期・火・II 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
 この授業の目的は政治学の基本的知識と考え方を修得することである。この授業は講義並びに発表及び討論からなる,講義(第1回~第10回)を通じては、権力,支配、イデオロギー、政治過程、政治体制に関する政治学の諸学説を紹介する。この期間中には複数の本又は文学作品が紹介される。受講生はその中の一つを選び、発表と討論の準備を進める。第11回~第15回の授業は受講生一人ひとりによる発表と質疑応答が行われる。このような過程を通じて、受講者は政治現象の理解に欠かせない複眼的な視野と洞察力を身につける。
<到達目標>
・政治学の基本概念、理論、考え方を理解する。
・政治現象を批判的に理解できる能力を磨く。
・主権者市民としての教養を深める。
<授業の方法>
第1回~第10回:講義
第11回~第15回:発表と討論
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 50  %概念,理論、論点、講義内容などに対する理解度。 
2発表/表現等 50  %理解力、分析力、応用力、論理力。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
・下記のテキストを参考に予習を行ってください。教室での授業は、講師のよる解説および意見交換を中心に進められます。
・複数の課題図書が紹介されます。その中から1冊以上を読んで、各自,発表準備を進めてください。課題図書や発表要領などの詳細については、教室で改めてご説明します。
<テキスト>
  1. 久米郁男 [ほか], 政治学, 有斐閣
  2. 星野智, 現代政治学の透視図, 世界書院
  3. 飯島昇蔵, 佐藤正志, 太田義器編著, 現代政治理論, おうふう
  4. 五十嵐暁郎, 日本政治論, 岩波書店
  5. 宇野重規, 西洋政治思想史, 有斐閣
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
1.政治とは何か
2.支配の正当性(1)
3.支配の正当性(2)
4.政治イデオロギー比較(1)
5.政治イデオロギー比較(2)
6.政治過程(1)
7.政治過程(2)
8.政治体制比較(1)
9.政治体制比較(2)
10.発表要領
11.発表と討論(1)
12.発表と討論(2)
13.発表と討論(3)
14.発表と討論(4)
15.発表と討論(5)