山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 生物資源実習
時間割番号 LPC117 B
担当教員名 谷本 守正/山下 裕之/岸本 宗和/久本 雅嗣/山下 さやか
開講学期・曜日・時限 集中・(未登録)・(未登録) 単位数 1
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
山梨県内の農業・食品産業・環境問題などについて具体的に学ぶことを目的とする。それぞれの学科の教育目標に応じ具体的に実施する。地域食物科学科においては、農作物栽培・農場圃場での体験を通し、農作物生産や食と栄養の実態及び問題点を学び、また、食品加工工場、流通、研究施設などの見学を通して、食品のあり方や品質管理などを総合的に学習する。
<到達目標>
農業や関連施設の見学、栽培実習などを通して、今後の学習の意義を理解し、目的意識を高める。
<授業の方法>
実験・実習・講義
講義室、圃場(農場)、野外(プランタ栽培)および実験室での実習を中心に行う。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 70  %実習・講義に対するレポートの得点で評価する。 
2受講態度 10  %実習、見学における積極性など取り組み方を評価する。 
3発表/表現等 20  %発表会におけるプレゼンテーションの取り組みを評価する。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
(未登録)
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
第1回:ガイダンスと諸注意
授業の概略、実習を行う上での注意、日程などについて理解し、班分けを行う。
第2回:農場実習1
実習の手順、注意点、レポートの作成方法、機器の使用法などを学ぶ。
第3〜6回:農場実習2〜5
班に分かれ、圃場での作業体験を行う。
第7〜10回:農作物栽培実習1〜4
班に分かれ、播種、育苗、作物管理、収穫体験など一連の作業体験を行う。
第11〜13回:施設見学
食品加工工場、流通、研究施設など見学、一連の産業関連を体験する。
第14回:食と栄養に関する講義
これまでに自身が受けてきた食育などを再考するとともに、現在の食品栄養の基準などがどのような根拠をもとに作られるのかを学ぶ。
第15回:プレゼンテーションおよび総括と総合評価
これまで行ってきた農場実習、栽培実習、施設見学について、班ごと発表を行い情報共有をする。