山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 果実遺伝子実験
時間割番号 LFS332
担当教員名 鈴木 俊二/山下 裕之
開講学期・曜日・時限 前期・月/火/水・III-IV/III-IV/III-IV 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
果実の重要形質に関する遺伝解析、遺伝子機能解析を中心に、果実の成熟にともなう様々な生理現象を分子、細胞、器官、個体レベルで理解するために必要な実験手技を学習する。
<到達目標>
果樹の品質を決定する因子や育種目標形質について理解を深め、果実の成熟にともなうの様々な生理現象を解明できる応用力を身につける.
<授業の方法>
実験
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 70  %実験内容、実験データの理解度を評価する 
2受講態度 30  %実験実技試験および実験ノートの内容にて評価する 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
(未登録)
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
第1回:ブドウ交配実験(山下裕)
花粉の貯蔵、調製、発芽試験、形態観察
第2回:ブドウ交配実験(山下裕)
 ブドウの除雄方法の習得
第3回:ブドウ交配実験(山下裕)
 ブドウの除雄
第4回:ブドウ交配実験(山下裕)
 貯蔵花粉使用によるブドウの交配
第5回:DNAのアガロース電気泳動
DNAの電気泳動法を学習する。
第6回:DNAクローニング
TAクローニング法と制限酵素処理によるクローニング法を学習する。
第7回:コロニーPCR
大腸菌を用いた遺伝子選抜法を学習する。
第8回:プラスミドDNAの抽出
大腸菌からプラスミドDNAを抽出する方法を学習する。
第9回: DNAシークエンシング
DNAの塩基配列決定法を学習する。
第10回:系統樹作製
DNA塩基配列から系統樹の作成方法を学習する。
第11回:試薬の調整
RNA実験に必要な試薬を調整する。
第12回:RNAの抽出と電気泳動
果実、果皮、葉からRNAを抽出する。
第13回:RT-PCR法
RNAを用いて、果実の重要形質に関する遺伝子の発現解析を行う。
第14回:ブドウ交配果実の結実率調査、形態観察、(山下裕)
第15回:総括(山下裕)